ページTOPへ
専門用語

仮想通貨のウォレットとは

ウォレットとは、ビットコインなどの仮想通貨を保管する口座のようなモノです。

少し専門的に説明をすると、秘密鍵を持つ自分のビットコインアドレスをまとめたデータボックスとなります。

取引所にアカウントを登録すると自動的にウォレットが作成され、そこに仮想通貨を保管することになります。

ただし、全ての仮想通貨がひとつのウォレットに保管されるわけではなく、ビットコインならビットコインウォレット、イーサリアムであればイーサリアムウォレットと通貨によって別々となっています。

仮想通貨ユーザーは、ウォレットを介してビットコインを受け取ったり送金したり、決済に利用したりすることができるのです。

 

ホットウォレットとコールドウォレット

ホットウォレット

常時ネットワークに接続された環境にあるウォレットのことです。
そのため、ハッキングなどの不正アクセスによってビットコインを第三者に盗まれてしまう可能性があります。

ただし、セキュリティを強固にしていれば銀行口座のお金が盗まれないように、ネットに繋がっているから危ないというわけではありません。

過去に海外の取引所で盗難被害があったというものの、日本の現在存在する取引所で盗難被害があったという報告はありません。

取引所のウォレットも、送金や取引を行うときに接続するものの、普段はコールドウォレットで管理しているというところがあります。

ホットウォレットのメリットとしては、ネットに繋がっているのでいつでもビットコインを送金できます。

コールドウォレット

ネットワークから隔離された環境にあるウォレットのことです。

USBメモリのようなモノからペーパーウォレットと呼ばれる紙にデータを印刷したものがあります。

ネットに繋がっていないため、ハッキング被害は受けませんが紛失してしまえばそれまでです。

ウォレットの種類

ウォレットの種類は数多くあり、デスクトップウォレット(PC端末)、ウェブウォレット(Web)、モバイルウォレット(スマートフォン端末)、ペーパーウォレット(紙に印刷されたコード)、ハードウェアウォレット(専用端末)等の様々な形式があります。

ウェブウォレット

ウェブウォレットは、取引所などに会員登録をしたときに付与されるウォレットです。いつでもスマホやPCなどのどの端末からもアクセスができるのが特徴です。ただ、基本的にセキュリティ面は運営者により異なりますので、信用できる取引所を選ぶことが重要となります。

厳重に管理をしていても、凄腕のハッカーなどにハッキングされる恐れもありますので、大量のビットコインを管理することはやめておいた方が良いでしょう。

アプリ・モバイルウォレット

スマートフォンやタブレッドにインストールするアプリ型のウォレットのことです。

QRコードの利用ができる点で、店舗決済などの利用に便利です。

セキュリティ面では、常時ネットに接続されており、場所が特定されているウェブウォレットよりは安全です。

 

ちなみに、みんなの仮想通貨のライターであるひろぴーさんは、『breadwallet』というアプリを利用しています。androidには対応していませんので、その場合は『Mycelium』というアプリが人気のようです。

ペーパーウォレット

ビットコインアドレスと秘密鍵を印刷し、紙で保管する方法です。長期の保管が主目的であり、完全にインターネットから遮断されている為、安全な管理方法です。

ペーパーウォレットを作成したら、銀行の貸金庫などの安全な場所に保管するようにしましょう。

 

2014年ごろに、ビットコイン価格が急騰した際、中国の男性が誤って4億円ほどのビットコインデータを入れたハードディスクを破棄してしまい、ゴミ捨て場で呆然としているということがニュースになりました。

コールドウォレットの保管には、財布やスマホを保管するくらい注意を払うようにしたいですね。

ハードウェアウォレット

USBメモリのような専用の端末にビットコインを保管します。

安全性の面では、パスワードやその他認証システムによって厳重に保護されているため、最も安全であると考えられます。

そして、PCに接続すればいつでも簡単に使用できますので、保管してある場所によりますが、そこまで不便ともいえないでしょう。

バックアップを取ることもできますしので、紛失リスクはかなり低いといえそうです。

ただ、端末が故障してしまいハードディスクが読み取れなくなると引き出せなくなりますので、炎天下などの高温多湿の環境には注意しましょう。

 

また、端末価格はそこそこ安いものでも5,000円程度で、高価なものになると1万円を超えるものがあります。

 

Amazonで販売されているハードウェアウォレット『TREZOR(トレザー)』

 

Amazonなどのネットショップで購入することができますが、高価なため信頼できる取引所のコールドウォレットに保管するという方法が手軽で安全かもしれませんね。

みんなの仮想通貨 Twitter更新情報

みんなの仮想通貨 公式ソーシャル