仮想通貨は、仮想通貨の取引所=交換業者で買うのが一般的です。

急いでいるときに、少額であれば友人から送ってもらうこともできそうですが、毎回頼むのは難しいでしょう。

では『どこの取引所で仮想通貨を買おうか』となるわけです。ここで注意すべきは仮想通貨取引所のなかでも「取引所」と「販売所」があることです。 

取引所と販売所の違い

2つの違いは、交換業者から買うかユーザーから買うか、の違いです。

取引所で買うのと販売所で買うのとでは、取引所で買う方が、購入にかかるコストは断然安いです。

なぜなら、販売所は、それを管理している会社との取引ですから価格は交換業者によって一方的に提示されます。

その価格に納得したら売買を行えば良いのですが、価格には手数料などが上乗せされていると考えましょう。そのため、多くの販売所の場合でスプレッドと呼ばれる「買値」と「売値」の価格差が広い傾向があります。

 

一方で取引所は、取引所内のユーザーとの取引であり、需要と供給が一致する価格になります。

板と呼ばれる取引ボードに売り注文と買い注文が並び、その均衡点で価格が決定します。

売る人も買う人もお互いに納得できる価格になるので、その売買によって、どちらか一方が得をしたり損をすることにはなりません。

基本的にユーザーにとって、販売所よりも有利な価格での売買となります。

 

ただし、取引所は需給が一致しないと売買が成立しないという点に注意が必要です。

あなたが、ある価格で100万円分を買いたいと注文を出しても、同じ価格では10万円分しか売り手がいない場合、注文は10万円分しか通りません。

残りの注文が約定するのを待っている間に、時間が過ぎて価格が変動してしまうかもしれません。

こんな時には、販売所での購入を検討してみても良いのかもしれませんね。
※大口取引の窓口が設けられている場合もあるので、交換所へ問い合わせてみてください。

取引所と販売所の価格差

下の画像は、ビットコインの口座数が200万口座を誇る「ビットフライヤー」の取引所と販売所です。

bitFlyer:ビットコイン取引所

bitFlyer:販売所

取引所の売りと買いの価格差が208円なのに対して、販売所では12,666円です。

取引所の板には313,600円に1BTCの売りがあることから、1BTCを買おうと思ったら取引所で購入した方が有利なことが分かります。

国内業者の取引所と販売所

国内の仮想通貨交換業者12社のビットコインとリップルの「取引所」と「販売所」を表にしてまとめてみました。

交換業者 ビットコイン リップル
取引所 販売所 取引所 販売所
 Liquid
 bitbank
 coincheck
 bitFlyer
 BITPoint
 GMOコイン
 BTCBOX
 DMM Bitcoin
 bittrade
 SBIバーチャル・カレンシーズ
 フィスコ仮想通貨取引所
 Zaif

取引所の取引手数料が無料の会社は◎としています。

ここから、さらに取引に有利な取引所を選ぶには、「取引量の多い取引所」を選ぶ必要があります。

2018年11月時点でビットコインの取引高が多い取引所はLiquid by QUOINEとなります。

みんなの仮想通貨のビットコインページにて、取引高をいつでも確認することができますよ!

ビットコイン円↑クリックでビットコイン/円ページへ

リップルの取引高を見てみると、bitbankが圧倒的に多いことが分かります。

リップル円↑クリックでリップル/円のページへ

世界有数の取引所であるバイナンスよりも取引高があるとは凄いですね!

ちなみに、bitbankはビットコインキャッシュ(BCH)とモナコイン(MONA)の取引量も国内トップレベルです。

時価総額2位のイーサリアム(ETH)はBTCBOXが圧倒的というところです。
※取引量は2018年11月時点

 

みなさんも、仮想通貨の売買量と種類に応じて交換業者を使い分けてみて下さい!

 

liquid

ビットコインを買うならLiquid

高い流動性を誇りビットコインの取引高は国内で断トツトップ!ツールも高機能でスマホからの取引も便利。
口座開設はこちら
bitbank

リップルの取引高世界一のbitbank

仮想通貨の関連ニュースや相場分析などの情報を発信するBTCNを運営。多数のテクニカル分析が可能
口座開設はこちら
BITPoint

上場企業の運営の取引所BITPoint

仮想通貨の送金手数料が無料!現物取引は8つの通貨ペアがあり、FXとレバレッジ取引は最大25倍
口座開設はこちら