ページTOPへ
初心者コラム

ビットコインはどこで買うの?「取引所」と「販売所」

仮想通貨は、取引所・販売所で買うのが一般的です。

急いでいるときに、少額であれば、ご友人から送ってもらうこともできそうですが、毎回頼むのは、難しいでしょう。

では、どこで仮想通貨を買おうか、となるわけですが、まず注意すべきは「取引所」か、それとも「販売所」、かという点です。 

取引所と販売所

取引所で買うのと販売所で買うのとでは、取引所で買う方が、購入にかかるコストは断然安いです。

なぜなら、販売所は、その販売所を管理している会社との取引であり、価格は販売所によって一方的に提示されます。

その価格に納得したら売買を行えば良いのですが、価格には手数料等が上乗せされていると考えましょう。

 

他方で、取引所は、取引所内のお客さんとの取引であり、需要と供給が一致する価格になります。

売り注文と買い注文が並び、その均衡点で価格が決定します。

売る人も買う人もお互いに納得できる価格になるので、その売買によって、どちらか一方が得をしたり損をすることにはなりません。

ユーザーにとって、販売所よりも有利な価格での売買となります。

 

ただし、取引所は、需給が一致しないと売買が成立しないという点に注意が必要です。

あなたが、ある価格で100万円分を買いたいと注文を出しても、同じ価格では10万円分しか売り手がいない場合、注文は10万円分しか通りません。

残りの注文が約定するのを待っている間に、時間が過ぎて価格が変動してしまうかもしれません。

こんな時には、販売所での購入を検討してみても良いのかもしれませんね。

(大口取引の窓口が設けられている場合もあるので、各社、問い合わせてみてください。)

下の画像は、ビットコインで日本最大の取引量を誇る「ビットフライヤー」の取引所と販売所です。

bitFlyer:ビットコイン取引所

bitFlyer:販売所

 

      ビットコインの取引は国内最大の取引所bitFlyer!

みんなの仮想通貨 Twitter更新情報

みんなの仮想通貨 公式ソーシャル