6月5日にコインチェックでモナコイン(MONA)が売買できるようになりました。5月31日に発表されてから、モナコインの価格は急騰。130円から一時400円を越えるほどの上げ幅を記録しました。

参考:coincheck(コインチェック)がモナコイン / $MONA の取扱いを6月上旬に開始!

また、2020年2月19日からはDMM Bitcoinでのレバレッジ取引も可能になりました。

参考:DMMビットコイン、レバレッジ取引でステラルーメンとモナコインの取り扱い開始

では、そんなモナコインはどういった仮想通貨であり、どのような特徴を持っているのでしょうか。ここでは、モナコインの特徴や将来性などについて詳しくみていきます。

なお、コインチェックにある動画では、分かりやすくサクッと知ることができます。

出典:モナコイン(Monacoin/MONA)とは?日本生まれの仮想通貨の特徴や今後の将来性を解説

モナコインの特徴

◇モナコイン(MONA)の概要

時価総額 約140億円 発行上限 1億512万MONA
承認方式 Proof of Work 上場時期 2013年12月31日
中央機関 なし 提唱者 わたなべ
オフィシャルサイトURL https://monacoin.org/

・モナコイン価格情報(MONA

モナコインは5ch(旧2ch)のアスキーアートであるモナーをモチーフとし、ライトコインのマイナーであったわたなべ氏がリリースしました。

ライトコインを基に開発され、ブロックの承認速度は90秒とビットコインと比較すると段違いの速度を誇ります。発行枚数が多く取引の承認速度が早いことから、決済サービスとして取り入れている店舗や投げ銭として使用できる機能などもあるため、決裁・送金手段として実用性の高い仮想通貨といえます。

ユーザーの多くは日本人であり、発行当初は主に2chのコミュニティーで使用されていました。しかし、2chの枠組みを超えて徐々に認知度が高まり、コミュニティー以外での使用が広がっていきました。

モナコインの発行目的は投げ銭をメインだと言われており、また決済のスピードの速さから少額取引にも優れています。

関連記事:モナコインの歴史を知る

モナコインの機能

モナコインは、Segwitとアトミックスワップが実装されています。

Segwitとは、データの容量を圧縮することによってスケーラビリティを解決する仕組みです。ブロック内に圧縮されたデータを格納できるようになるため、容量拡大手段として有効だとされています。

Segwitはよくライトニングネットワークなどと比較されます。しかし、ライトニングネットワークは根本的にデータの圧縮を行うものではなく、ブロックチェーンの外部で取引を行うことによって、本来のブロックチェーンに結果だけを送信します。そのため、ライトニングネットワークはブロックチェーン全体に掛かるデータ負荷の軽減を行うといえます。

アトミックスワップは、異なる種類の仮想通貨を取引所を介さずに取引ができる仕組みです。

アトミックスワップで取引を行う場合は、マルチシグアドレスに対して送金を行い、マルチシグアドレスはそれぞれのユーザーに対して、送金された仮想通貨をパスワードを用いて取り出すことを促します。仮に取引が成立しなかった場合であっても、片方が仮想通貨を取得し、片方がすべて失うといったリスクはありません。そのためアトミックスワップの機能を有している場合、取引所を介すことなく個人間でのやり取りが可能です。

また、取引所に仮想通貨を置かないためハッキングリスクが著しく低下し、個人の匿名性も担保できるため、プライベートな取引を重視する人にとって有効な機能だといえるでしょう。ちなみに、アトミックスワップを実装している代表的な仮想通貨はイーサリアムとビットコイン、モナコイン、ライトコインです。

モナコインは取引を前提に作成され、スムーズなやり取りを行うだけでなく、プライベートな取引を行うことも可能なため、Zcashのような匿名性に強みを持つ仮想通貨と同様に一定の需要があることが予想できます。

モナコインの将来性

現在モナコインは、新しい機能を追加したり、性能を向上させる開発を行っていません。そして、開発に着手するMonacoinprojectの開発の速度は速くはないようです。

また、ホワイトペーパーやロードマップがあるわけではなく、公式ホームページも非常に簡素なものです。

ただファンは多く、ビットコインモールやamatenなどのECサイトではモナコインを使うことが可能で、モナコインを使うことのできる店舗やウェブサイトが増加していく可能性は十分あります。

モナバー東京も人気を博していたようですが、テレビで放送されたのを機に恐喝が続いたために閉店を余儀なくされたという残念なニュースがありました。

参考記事:MONA BAR TOKYO (モナバー東京)へ行ってみた!

まとめ

モナコインは国内で知名度が高いだけではなく、決済機能としても優れています。 Segwitやアトミックスワップなど、新しい技術をいち早く取り入れ、支払い手段としてはビットコインよりも機能は優れています。またコミュニティーが大きかったことから、ベースとなったライトコインよりも国内で取引されることは先となったほどです。

国内でモナコインを取り扱っているのは、ザイフ、ビットバンク 、コインチェック、ビットフライヤー、フィスコ仮想通貨取引所の5つであり、今後他の取引所でも取り扱いが開始される可能性は十分にあります。

コインチェックでの取り扱いが発表された日には、取引額が1日で100億円を越える盛り上がりを見せたことから、国内仮想通貨取引所が取り扱う可能性は高そうです。

ホワイトペーパーやロードマップが存在しないことから今後の展望が見えにくいものの、コアなユーザーが多く取引高も一定量あることから、今後も根強い人気が続くのではないでしょうか。