仮想通貨には、送金・決済からプラットフォームのトークンまで様々な機能を持ったものがあります。今回は、その中でもビットコインを元に開発されたライトコイン(LTC)について解説します。

ライトコインの大きな特徴として、送金に適していること、そして管理する団体組織が存在しないことが挙げられます。ビットコインと同じようにマイニングによって採掘され、マイナーによってブロックチェーンネットワークの安全性を保っています。

そのため、中央管理団体は存在せず、非中央集権的な仮想通貨です。しかし、ライトコイン財団と呼ばれる財団が存在しており、この財団が実質的な実権を握っているという噂もあります。

国内でも取り扱いがある仮想通貨であり、時価総額も常に上位に位置しているため、一定の信頼を得ているといえます。

ライトコインの概要

時価総額 約4000億円 発行上限 8400万
承認方式 Proof of Work 誕生時期 2011年10月7日
中央機関 なし 提唱者 Charlie Lee
オフィシャルサイトURL https://litecoin.com/
ホワイトペーパーURL なし

ライトコイン誕生の経緯

次にライトコインの誕生について解説します。

ライトコインは、グーグルのエンジニアであったチャーリー・リー氏によって発案され、2011年10月7日に発行されました。主要な仮想通貨の中では、ビットコインの次に歴史が古いと言われています。

ライトコインの誕生には、ビットコインが持つ機能的な課題が影響しています。ビットコインは仮想通貨の中でも、もっとも有名です。恐らく、所持しているユーザーも最も多いでしょう。ビットコインの知名度が徐々に上がっていくにつれて、その利便性から取引量が着実に増えていきました。

ビットコインの取引が増えてくると、処理が追いつかずにビットコインの送金から着金までに時間がかかってしまう問題が発生します。この問題をスケーラビリティー問題といいます。

ビットコインよりも早く手軽なライトコイン

スケーラビリティー問題を理解するには、ブロックチェーンの仕組みを理解する必要があります。ビットコインはブロックに取引を記録します。これを接続していくことから、ブロックチェーンという名前がつけられました。

一方で、ブロックに記録できる量は仮想通貨ごとによって決められます。ビットコインの場合は、ブロックに記録できるのは1MB、ブロックの生成にかかる時間は10分です。つまり10分ごとに1MBの記録領域が生まれるわけですが、このスピード以上に記録したい取引が溜まると、スケーラビリティー問題を起こすことになります。

ビットコインのスケーラビリティー問題を解決するために誕生したのが、ライトコインです。ビットコインが10分かけていた処理を、ライトコインでは2.5分で行ってしまう処理速度になっています。

また、小額の決済にも対応できるように、手数料を低く設定しました。

ライトコインの理念として、商品の購入など日常的な買い物に使える実用性の高い仮想通貨と設定しており、仮想通貨全体の課題でもある実用性の問題を解決するような仮想通貨と言えるでしょう。

ひとつだけ注意が必要なのが、ライトコインはあくまでもビットコインのコードを複製して作成されたものであり、フォークによってつくられたものではないということです。

ビットコインが金、ライトコインが銀と評されることが多いので、お互いに補完し合う関係であると言えます。

ライトコインとビットコインキャッシュの違い

ライトコインはビットコインの機能性の問題の解決を目指して誕生した仮想通貨であることを説明しました。

同じようにビットコインから生まれた仮想通貨があります。それがビットコインキャッシュです。ライトコインの競合となる仮想通貨で、混同されやすいものでもあるため、しっかりと比較しておきましょう。

ライトコインはあくまでもビットコインのコードを複製し、

・新しいハッシュアルゴリズム
・より早いブロック生成時間
・より大きな供給量

を確保した仮想通貨です。

一方で、ビットコインキャッシュはビットコインのネットワークの取引手数料が、急激に高騰したため決済の遅延が発生したことを受けて、ハードフォークという手段をとって生まれた仮想通貨です。

ビットコインキャッシュはフォークを実施したことで、

・ブロックサイズの制限を1MBから8MBに拡大
・トランザクション量も4倍から8倍の処理が可能

と仕様変更により機能性が高められた仮想通貨です。

ライトコインとビットコインキャッシュはともに、同じビットコインから生まれた仮想通貨ですが、ブロックサイズと生成時間など、改善点はそれぞれ違います。

主にライトコインとビットコインキャッシュの違いを比較すると、以下のようになります。

  ビットコインキャッシュ ライトコイン
時価総額 約6800億円 約4000億円
総供給量 17,610,315BCH 60,502,096LTC
ブロックサイズ 32MB 1MB

※上記データは2020年1月18日時点

同じようにビットコインから生まれたアルトコインですが、供給量や時価総額も異なります。一方で、供給量は両方ともビットコインよりも多くなっています。

世界初のセグウィット実装

ライトコインのひとつの特徴としてセグウィット(Segwit)の問題が挙げられます。セグウィットとは、簡単に言えば電子署名の部分だけをデータ格納から分離することです。

仮想通貨であるビットコインやライトコインのブロックのサイズは、1MBと決められています。ブロックには複数のトランザクションが記録され、チェーンにつながることで取引が承認されることとなります。これがブロックチェーンの仕組みです。

1MBの容量の中で占める割合が大きいのが「署名」です。この署名によって取引が安全に進みます。これらをブロックの中ではなく、分離して管理するというのがセグウィットになります。

セグウィットはスケーラビリティー問題を解決するために必要とされました。セグウィットはスケーラビリティー問題を緩和する上で大きな効果を発揮しています。もともとブロックに備わっていた署名領域を分離して、ブロックの1MBをフルで使えるようにすることで、スケーラビリティー問題の解決につながります。

また、トランザクション展性を解決する効果もあります。トランザクション展性とは、トランザクションの脆弱性のことを示す言葉です。トランザクションの中身を改ざんはできないものの、トランザクションIDを変更することは可能であり、これによって、二重支払いを引き起こすことが可能です。

例えば、AさんからBさんに1BTCを送金したとしましょう。Bさんがその1BTCを利用して、買い物をしたとします。ビットコインの取引には承認までの時間がかかりますが、この間にBさんがAさんとのトランザクションIDを改ざんしたとしましょう。そうすると、Bさんが行った買い物の取引は、AさんからBさんが1BTCをもらったというトランザクションで成り立っているものなので、この買い物の取引は無効になってしまいます。しかし、商品は手に入っているので、無料で商品を手に入れることが可能となってしまいます。

セグウィットを導入することで、トランザクションIDを算出するデータも分離可能なので、トランザクション展性を活かした攻撃は受けなくなります。

ライトコインは、世界で一番早くセグウィットを導入し、実装を完了させています。これはライトコインのコミュニティーが健全であり、規模が小さく統率も取りやすいことから、ビットコインに先駆けて実装することが可能でした。

ライトニングネットワークの導入

ライトコインのもう一つの特徴として、ライトニングネットワークに対応しているということがあります。ライトニングネットワークとは、オフチェーン上でトランザクションを事前にまとめ、ブロックチェーン上に効率化したトランザクションを戻すことでマイクロペイメントを可能にする技術です。

セグウィットの導入を行うと、ライトニングネットワークの導入も可能となります。マイクロペイメント技術を導入することによって、少額の決済が可能です。

例えば、1円未満の仮想通貨を送金すると、送金したい金額より手数料が大きくなります。しかし、マイクロペイメント技術を導入することで、ほぼ無料の送金手数料で送金が可能になります。本来であれば、ブロックチェーン上の取引を別の場所で処理する場合、第三者の監視が必要でしたが、ライトニングネットワークはその必要がありません。スムーズに処理することが可能ですし、トラストレスな送金であるため、信憑性が下がることもありません。

ライトコインの将来性

ライトコインは、世界中の多くの取引所で取り扱いがあり、企業との提携なども進んでおり、決済範囲の拡大や決済手段の増加などに積極的です。時価総額も高く、日本のホワイトリストにも入っているため、今後も有力な仮想通貨と判断して良いでしょう。

先ほど紹介したライトニングネットワークを利用した決済システムも、今後どんどん増えてくることが予想されており、日常の中でライトコインの話題が出てくることも増えるでしょう。

ライトコインを決済手段として採用する企業が出てきた場合、ライトコインの価値は高まる可能性があります。

ビットコインよりも実用性に優れているポイントをうまく活用してくれる企業が出てくれば、ライトコインの話題も頻繁に上がってくることでしょう。

まとめ

今回は仮想通貨の中でもライトコインについて解説しました。ライトコインは名前を頻繁に聞く仮想通貨ではありませんが、価値としてはとても高く今後の成長にも期待ができます。

実際に日本国内の仮想通貨取引所の取り扱いをしている仮想通貨取引所が多く、簡単に購入することが可能です。もし、気になるのであればライトコインを購入してみるのも1つの手段でしょう。