仮想通貨でもできる!1万円からの少額積立投資

筆者: 緒方裕理

1.積立投資とは

積立投資とは、毎月一定額の金融商品を購入していく投資方法です。主に、投資信託や株式投資などで行われています。

仮想通貨でも積立投資は可能で、あらかじめ設定した金額を買い付けることでき、好きなタイミングで売却することができます。

積立投資のメリットは主に以下の3点です。

  • 少額から投資ができる
  • 時間的分散投資ができる
  • 精神的ストレスが少ない

それぞれのメリットについて解説します。

少額から投資ができる

積立投資の大きなメリットとして少額から始められる点があります。投資をするときには、大きな金額で金融商品を購入しなければいけないと思っている方もいますが、積立投資の場合は投資信託でも1万円程度と少額からスタートできます。

仮想通貨は、交換業者によっては500円から積立投資を開始できます。そのため、投資資金が少ない人にはおすすめの投資手法です。

時間的分散投資ができる

積立投資では、ひとつの商品に投資する時間軸が分散されるため、長期的な資産形成が前提となります。これにより、大きな利益は望めませんが、値下がりリスクも分散されます。

また、ドルコスト平均法という毎回一定額を購入する手法を用いることで、価格が上昇した際少なく、下落した際には多く購入し平均買い付けコストを下げることができます。

価格変動が大きな仮想通貨ですが、ビットコインは長期的に値上がりしているため有効な手段と言えそうです。

精神的ストレスが少ない

積立投資の場合、毎月決まった金額で買い付けることができて投資のタイミングなどを気にせずに投資ができます。一般的な投資をしていると、買い付けのタイミングなどで慎重になり、ストレスがかかってしまいます。また、市場の動きに一喜一憂をしてしまい精神的な負担を受ける投資家もいます。

取引に関して情報収集も必要となるので、常に気を張る生活が続きます。日々プレッシャーに耐えながら投資を続けていくことはかなり負担です。

一方で、積立投資のデメリットも存在します。

一攫千金を狙うような投資は難しい

積立投資は毎月一定金額を投資していくものです。そのため、一気に資金を取引に回すことはできないので、大きな利益は見込めません。短期的なリターンを狙いたいという人よりも、長期的な値上がりを目的とした投資を行いたい人におすすめの投資方法です。

確実に利益を出せる投資方法ではない

積立投資に限らず投資には、確実に儲けられる方法はありません。絶対に安全だということはなく、損失が出る可能性は必ずあります。

積立投資も同じで安全な投資方法として有名ではありますが、決して必ず儲けることが可能なわけではありません。

仮想通貨全体の相場が下がった際は、損失が膨らみます。

確実ではないことを知った上で、コツコツと投資を続けていきましょう。

2.仮想通貨の積立を行ったテストケース

毎月、積立投資を行ったとして、過去の値動きからパフォーマンスシミュレーションを行いました。

全て、2017年1月1日から2020年4月まで毎月月初(午前9時)に1万円づつ投資を行った場合となります。

判定価格は2020年5月の終値となります。

ビットコイン(BTC)

仮想通貨の中で安定した値動きを誇り、2018年以降もゆるぎない地位を誇っています。

平均価格:74万円

判定価格:100万円

積立の損益:プラス約55万円

イーサリアム(ETH)

2017年にはICOにより価格が大きく上昇したものの、その後はプロジェクト側からの売却により大きく売られることとなりました。アップデートにより、需給バランスが改善されています。

平均価格:3万1500円

判定価格:2万4900円

積立の損益:マイナス約8.6万円

リップル(XRP)

高値は400円以上がありましたが、徐々に値動きが安定。逆に見ると、決済通貨として使いやすいと言えます。

平均価格:39.27円

判定価格:21.84円

積立の損益:マイナス約18.1万円

ライトコイン(LTC)

2019年に半減期期待により大きく上昇しましたが、その後は軟調な推移となっています。

平均価格:7387円

判定価格:4900円

積立の損益:マイナス約13.8万円

モナコイン(MONA)

仮想通貨ブームの最中、数円から2000円を超えるまでに急騰しましたが、 根強い人気があります。

平均価格:195円

判定価格:178円

積立の損益:マイナス約3.5万円

 

ビットコイン以外の積み立てはマイナスのパフォーマンスとなってしまいました。

しかしながら、記事公開時点においてモナコインの価格は200円を超えているため、積立投資を行っても良いと言えそうです。

3.コインチェック(Coincheck)の仮想通貨積立投資

コインチェック積み立て概要

・サービス内容

ー対象仮想通貨

BTC、ETH、ETC、LSK、XRP、LTC、BCH、XLMの8種類

ー積み立て金額

月々1万円~10万円の範囲で1000円単位

ー手数料

口座振替手数料や積立サービスの手数料は無料

ー積立方法

  • 月イチつみたてプラン
  • 毎日つみたてプラン

ー申し込み方法

申し込みは3ステップで完了します。

  1. Coincheckのメインメニューから「Coincheckつみたて」を選択
  2. 「口座の設定をする」より引き落としをする口座の情報を入力
  3. 「積立プラン」、「積立する仮想通貨」、「積立金額」を設定して申請が完了です

ー解約方法

「Coincheckつみたて」のページから、いつでも停止することが可能です。

▼積み立ての例

例えば、2020年1月からビットコインの積立を1万円で開始した場合、5月1日の時点で約15万円の利益が出ています。

公式ページによると、 2018年の10月か2019年9月までビットコインを積み立てた場合、口座残高は約1.8倍になっていると言います。

 

出所:Coincheck積み立て

積立投資に向いている人は、焦らず長期的に資産を増やしたい人ではないでしょうか。

  • コツコツと仮想通貨投資を始めたい
  • ストレスを感じずに投資をしたい人
  • 仮想通貨について知識が浅い人

逆に向いていない人は、短期的な利益を求めたり、コツコツと投資をするのが苦手な人でしょう。

 

コインチェック積み立ては、手数料も無料です。

2018年1月からのビットコインのチャートを見ると、おおよその平均価格は83万円。

つまり、この価格より下で買っておけばこれまでは利益が出ているということです。ドルコスト平均法で積み立てを行えば、さらに高い利益となっていることでしょう。

仮想通貨のことはあまり分からないけれど、投資は始めて見たいと思った人は申し込んでみてはいかがでしょうか?

金融大手マネックスグループの安心・安全の仮想通貨取引所
東証1部上場のマネックスグループの取引所!12の仮想通貨へ約500円から投資可能!人気のアプリはダウンロード累計250万

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

緒方裕理

緒方裕理

仮想通貨取引7年目のクリプト専門ライター。コインチェックなどの大手取引所から個人レベルの仮想通貨まで扱う専門家。ブロックチェーンなどの基礎理論も理解した上で記事を作成しています。長年の取引経験から、実際に使えるネタを提供することを信条としています。

関連コラム

緒方裕理の投稿

緒方裕理の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

メデイア・広告掲載について

『みんなの仮想通貨』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら