ページTOPへ
初心者コラム

13億円のピザ

世界で最初にビットコインが使われたのは、2010年5月です。

 

当時は1ビットコインが1セント以下のレートでした。

Laszlo Hanyeczという名前のプログラマーが、『誰かビットコイン1万枚とピザを交換しない?』と暗号化通貨のメーリングリストに、面白半分で投稿しました。

ビットコインフォーラムと呼ばれる掲示板のようなものです。

https://bitcointalk.org/index.php?topic=137.msg1195#msg1195

 

このジョークを面白いと思った別のプログラマーが、ピザ屋に注文してLサイズのピザ2枚を彼の家に届け、1万ビットコインと交換しました。

1万ビットコインでも、当時は米ドルでも100ドルにも満たない価値でした。

 

このビットコインによるピザトレードをきっかけに、5月22日は「ビットコインピザの日(Bitcoin Pizza Day)」と呼ばれております。また、Lサイズピザ2枚を基準にしてビットコイン価格を示す『ビットコインピザインデックス』も生まれました。

ピザ屋の中には、Laszlo氏のピザ購入を記念してビットコインユーザーのために割引をするところもあるようです。

bitFlyerの「ビットコインをもらう」のなかでピザハットが注文金額の3%分のビットコインを付与してくれるサービスがあることも、もしかしたらこの影響があるのかもしれませんね。

 

さて、2010年に1万ビットコインで購入された2枚のピザ。

現在、1ビットコインは約13万円の価値があります。

ということは、1万ビットコインはなんと13億円もすることになるのです。

ビットコインチャート(2014/11~2017/4)

 

インターネットに次ぐ発明だと言われているビットコインの凄さを物語る、ひとつのお話だといえますね。

みんなの仮想通貨 Twitter更新情報

みんなの仮想通貨 公式ソーシャル