ページTOPへ
専門用語

ビットコインFX

ビットコインFXとは、一般的な外国為替取引のように証拠金を預けることにより、BTC/JPYやBTC/USDをFX取引ができる金融商品のことをいいます。

FXって何?という人は以下の要点を抑えてください。

FXとは?

現物取引ではない

ビットコインを買うわけではなく、差金決済といって、利益・損失の差額を取引所や証券会社と受け渡しをするもの。

買い・売りの両方から入れる

通常のビットコインの取引では、日本円を売ってビットコインを買うことから始まります。しかし、FXでは持っていないビットコインを売って、安くなれば買い戻し、その価格差で利益を出すことができます。

レバレッジ取引が可能

取引所により異なりますが、5倍から25倍までのレバレッジ取引が可能となっています。

ロスカット制度

レバレッジが掛かっていると、保有資金の何倍もの取引が可能となります。

もし、価格が暴落した時にお金が無くならないように、強制決済をする仕組みがあります。

 

サービス提供している取引所

主要取引所では、bitFlyerがLightningFXを、BITPointがビットポイントFXを提供しています。

 

各社のサービスは以下の通りで、取引ツールも大きく異なっています。

取引所  取扱通貨ペア 最大レバレッジ 手数料
bitFlyer BTC/JPY 15倍 無料
BITPoint USD,EURなど9通貨ペア 25倍 無料

ビットコインの値上がり益を狙って投資を行うのであれば、少ない資金で済むビットコインFXの方が有利です。

 

また、日本ではFXが世界的に流行っており、GMOクリック証券という証券会社はFX取引高世界1位となっているほどです。

そのため、それらのトレーダーがビットコイン市場に参入してきており、短・中期売買を行っていることから、ビットコインFXの取引高は爆発的に増加しているようです。

 

2016年は中国がビットコイン取引の出来高の95%以上を誇っておりました。

しかし、日本でも確実に浸透しており、さらに中国当局の国内取引所の規制により、そのシェアで日本が徐々に拡大しているようです。

さらに、法改正により日本証券会社やFX会社もビットコイン市場に参入できるようになるために、ビットコインFXの売買高は今後も増加していくと思われます。

みんなの仮想通貨 Twitter更新情報

みんなの仮想通貨 公式ソーシャル