2017年以降、良くも悪くも注目が集まっている仮想通貨、そのなかでもビットコインとリップルは日本人から注目されています。

多くの投資家は2017年に仮想通貨を買われたと思いますが、投資経験が無かったり少し技術が難しかったりで疑問もあるかと思います。

「いつ買うのが良いのだろうか」

「なんだか難しい気がしてなかなか買うことができない」

「値下がりしたらどうしよう」などなど...

もちろん、仮想通貨への投資はリスクもあります。

ただ、株式やFXと違って非常に少額から投資体験を行うことができますし、海外送金や両替など日常生活でつかうこともできます。

今回は、難しいように思えるビットコインをまずは体験してほしい!ということで、仮想通貨の代表であるビットコインの買い方を説明していきます。

【目次】

ビットコインはもらえる

まず最初に、ビットコインは買うものだと思っている方に朗報です!

ビットコインは取引所で買うのが基本ですが、実は買わなくてももらえちゃうんです。

【ビットコインをもらえる3つの方法】

  • ・仮想通貨交換業者へ口座開設を行ったり取引を行う
  • ・ネットショップで買い物をするとビットコインでキャッシュバック
  • ・セミナーに参加するとビットコインをもらえるQRコードが配られる

このなかでは、「口座開設」か「ネットショップでの買い物」が気軽にできるかと思います。

参考:ビットコインをもらう(bitFlyer)

ビットコインを入手する7つの方法

ビットコインの購入方法

キャンペーンなどでビットコインをもらう方法がありますが、やはりビットコインを手に入れるにはどこかで購入することが一般的です。

ビットコインを購入するには以下の4つの方法があります。

  • ①仮想通貨交換業者での購入する
  • ②ビットコインATMで購入する
  • ③友人からビットコインを購入する
  • ④クレジットカードでビットコインを購入する

このなかで一般的で、簡単かつ安くビットコインを購入できるのは①仮想通貨交換業者での購入です。

筆者はこの全ての方法でビットコインを買ったことがありますが、②ビットコインATMでの購入では手数料を10%程度取られましたし、④クレジットカードでの購入では、販売所と呼ばれる割高な取引所のみでの購入となり、購入資金よりも少ない額のビットコインしか手に入れることができませんでした。

また、③友人からの購入はいつでも好きな額というわけにはいきませんし、ビットコインを送金しなければなりません。

そのため、ビットコインが欲しい時は①仮想通貨交換業者で購入することがベストだと思います。

仮想通貨交換業者でビットコインを購入する手順

ビットコインを購入するためには、以下の5つの段階を踏む必要があります。

【ビットコインの購入手順】

  1. 1.ビットコインを買う交換業者を選ぶ
  2. 2.交換業者へ申込みを行う
  3. 3.交換業者の開設完了
  4. 4.交換業者へ入金を行う
  5. 5.ビットコインを購入する

1.ビットコインを買う交換業者の選び方

いわゆる取引所と呼ばれる仮想通貨交換業者は、日本では登録制となっています。2018年12月時点で16社が登録されておりますが、正式にサービスが提供できていない会社もあります。

みんなの仮想通貨では、仮想通貨取引所の調査・比較を行っていますので、『仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめランキング』で自身に合った取引所探しができるかと思います。

あなたが投資初心者であれば、筆者はGMOコインを選ぶことをおすすめします。

【PR】仮想通貨FXが人気で口座数20万!東証一部上場企業のグループGMOコインに取材

上場企業が運営する安心の取引所GMOコイン

みんなの仮想通貨では、国内外17社の取引所を掲載していますが、はじめてビットコインを購入する時には以下の5つのポイントを重要視しましょう。

  • ・手数料が無料
  • ・取引所方式がある
  • ・スマホアプリが使いやすい
  • ・取引高が多い
  • ・サーバー、セキュリティーなどのシステムインフラが強固

◇主要取引所のビットコイン売買サービスデータ

交換業者 手数料 取引高 スマホアプリ 取引所方式
 Liquid 無料
 bitFlyer  0.01 ~ 0.15%
 BTCBOX 無料 ×
 coincheck 無料
 bitbank 無料
 BITPoint 無料
 GMOコイン 無料 ×
 DMM Bitcoin 無料 ×

これを見ると、Liquidがビットコインを購入するのに最適な取引所となります。

ただし、口座開設の流れやパソコンの取引ツールが初心者には少し分かりずらい部分があります。

そのため、ビットコインを少額でも良いから買ってみたい!という方はGMOコインを選ぶことをおすすめします。

GMOコイン口座開設

取引所と販売所の違い

ビットコインを買うときに注意しないといけないことがあります。

先ほどの話にも出ましたが、仮想通貨交換業者の売買方式として「取引所方式」と「販売所方式」の2つがあることです。

ぱっと聞いただけでは、投資経験者でもいったいどう違うのか分かりませんよね。

取引所方式

交換業者のユーザー同士での取引。板があり株式取引と同じ方式。

販売所方式

交換業者が保有している仮想通貨を提示価格で購入または売却。スプレッドという価格差があり、FXと同じ方式。

販売所方式では、交換業者が仮想通貨市場と顧客の仲介役となっているため、売値と買値が1~5%ほど離れていることがほとんどです。そのため、基本的にビットコインを買うときには取引所方式が良いでしょう。

参考:ビットコインはどこで買うの?「取引所」と「販売所」

2.交換業者へ申込みを行う

ビットコインを買う取引所が決まれば、口座開設の申し込みを行いましょう。

申し込みフォームに必要事項を記載し、免許証などの必要書類を提出すればOKです。

【口座開設の申し込みに必要なもの】

  • 住所などの個人情報
  • 免許証などの本人確認ができる書類
  • メールアドレス
  • ※銀行口座(法定通貨を入金する場合)

申し込みはパソコン以外に、スマートフォンやタブレッドからでも可能です。また、免許証などの書類も写真撮影を行い申し込みフォームにアップロードすれば良いですので、申し込みはネットで全て完結できます。

【徹底解説】GMOコインの口座開設手順を画像付きで分かりやすく説明

3.交換業者の開設完了

仮想通貨取引所に口座開設の申し込みを行うと、提出内容に不備がない場合は2、3日で本人確認をするためのはがきなどの書類が発送されます。

それを受け取った後に、取引所の方で受け取りが確認されるか、書類に記載されているシリアルコードを入力すれば、口座が有効となり取引が行えるようになります。

セキュリティーを高めるために、口座が有効になったら最初に2段階認証を行っておきましょう。

参考:仮想通貨取引所のセキュリティー対策、2段階認証について

4.交換業者へ入金を行う

口座が使えるようになったら、ビットコインを買うために入金を行いましょう。

入金の方法は①日本円での入金と②仮想通貨を送金して入金する2つの方法があります。

今回はビットコインを持っていないことが前提のため、日本円での入金の説明を行います。

交換業者の口座へ資金を入金するための方法は3つあります。

  • ・銀行のATMから入金
  • ・ネットバンキング(クイック入金・ペイジー)の利用
  • ・コンビニでの入金

このなかでは、ネットバンキングを利用することが一番です。入金の手間もネットで完結しますし、ATMやコンビニ入金では掛かってしまう手数料も無料となります。

特別な理由がない限り、ネットバンキングを利用して入金を行いましょう。

5.ビットコインを購入する

ここまで準備ができると、いよいよビットコインを買うことができます。

購入画面が分かりやすいGMOコインを例に見ていきましょう。

GMOコインでは、「取引所」と「販売所」、「レバレッジ取引」、「仮想通貨FX」の4つの購入方法があります。

最初にビットコインを買う場合は、レバレッジを掛けずに現物取引をする方が良いでしょう。

そのため「取引所」>「現物取引」を選択します。

次に注文画面が出ます。

「成行注文」と「指値注文」が選択できますが、購入価格を安くするために「指値注文」を出すようにしましょう。

①売買区分で「買い」を選択
②取引数量(BTC)で買いたい数量を入力
③注文レート(円)で買いたい価格を入力

コツは、指値注文の価格は板の注文情報を見ながら買いたい価格を微調整することです。例えば、画像の板ですぐ下の価格で1BTC買いたい場合は、363,420円の注文のすぐ上に出す、といった感じです。

全ての入力を終えたら、「確認画面へ」を押しましょう。

注文の内容が出ますので、間違いなければ「確定」を押します。

注文内容は「注文」の右の「注文一覧」に表示されます。

指値の価格と発注数量の変更、注文を取り消すこともできます。

無事に注文が約定したら、今度は「取引履歴」に掲載されます。

また、「会員ホーム」の資産表に保有する仮想通貨の枚数と保有する仮想通貨の割合が表示されます。

以上が、ビットコインを購入する一連の流れとなります。

ビットコインはいくらから買えるのか

ここで仮想通貨を始めるときに多く聞かれる『ビットコインはいくらから買えるのか』という問いに答えておきましょう。

ビットコインの最小取引単位は0.00000001BTCです。

これを1satoshiと呼ばれています。

しかし、取引所によって最低取引単位が異なっています。上に例を挙げたGMOコインの現物取引では、0.0001BTCから注文できます。

これはビットコインが50万円の時に50円となります。

国内のほぼ全ての取引所では0.01BTCからの購入ができますので、ビットコイン価格の100分の1程度の購入資金があれば大丈夫です。

株式投資よりもずいぶん小額から投資をできますよね!

チャンスを逃さないための投資の準備を!

2017年は仮想通貨元年といわれ、同年4月から本格的な仮想通貨ブームが始まりました。

筆者は2015年1月にリップル(XRP)の魅力にひかれて仮想通貨への投資を行ったことがキッカケで、早期に仮想通貨への投資を始めました。

ビットコインは4万円台、イーサリアム800円台、モナコインは25円程度で購入することができました。

仮想通貨に限らず、株式投資でも、投資で利益を出すにはタイミングが非常に重要です。

そして、そのタイミングを逃さないためには、日々情報を取得し、投資できる準備を整えていることが大切になります。つまり事前準備です。

みんなの仮想通貨では、仮想通貨関連ニュースを毎日配信していますし、多くの仮想通貨の価格情報も提供しています。

「今はビットコインを買うタイミングじゃないからまた今度にしよう」と思わずに、事前に口座開設をしておいたり、ニュースをチェックしたりと、投資の準備をしておきませんか?

そうすれば、しかるべき投資機会が来た時に直ぐに投資でき、利益を得られるかもしれません。

仮想通貨の口座開設を行うと2,3日の時間が掛かってしまうため、先に用意をしておいて損はないと思いますよ。

 

>>仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめランキング

上場企業が運営する安心の取引所GMOコイン