^
ページTOPへ
※調査日2020年10月12日 著者:みんなの仮想通貨編集部
※調査日2020年10月12日 著者:みんなの仮想通貨編集部

Liquid(リキッドバイコイン)を徹底調査!おすすめポイントまとめ

Liquid
対応サービス
FXFX・レバレッジ取引
スマホ対応
ソーシャルログイン
優良ツール
信託保全・ユーザー保護
総合点
84 点 / 100点中

Liquidおすすめのポイント

  • パワフルな暗号資産取引プラットフォーム Liquid

    17社以上の海外取引所へ接続し高い流動性を確保流動性が乏しい通貨ペアも新次元の流動性を提供

  • スマホ対応された機能的な取引ツール

    2つのチャート、板、注文画面などが一体型となったレイアウト変更可能な取引ツール

  • 世界最高水準の安心・安全な取引システム

    取引処理性能は毎秒100万回と世界最高速の取引エンジンを搭載

今すぐ口座開設

Liquid 公式サイトへ

Liquidサービス概要

取扱通貨数
最大レバレッジ 4倍
最小取引単位 0.01BTC
BTC現物手数料 無料
注文の種類 成行注文、指値・逆指値注文
最大発注数 100BTC
スマホ対応 スマホ完全対応

Liquidのセキュリティ対策

コールド
ウォレット比率
マルチシグ CER 参照
URL
100% BTC, BCH 6,13
CER ( 公表日 : 2019/7/8 )   ※ICORating ( 公表日 : 2019/1/7 )
イーサリアム・アドレスのマルチシグ化は、ビットコインなどの暗号資産とは異なりプロトコルレベルでなくスマートコントラクトを用いて行われており、セキュリティに懸念があるとされていいる(参考:bitbank

Liquidのサポート体制

お問合せフォーム 電話対応 LINE FAQ
平日:10時~17時 -

Liquidのここがすごい!

 国内トップのビットコインの流動性!ワールドブックによる新次元の流動性を提供

Liquidは国内取引所で一番のビットコインの流動性を誇ります。15社以上の海外取引所へ接続しており、BinanceやHuobiにも劣らない出来高がありスプレッドも自ずと狭くなります。取引手数料も無料!

 世界最高速の取引エンジン

まだ未熟な暗号資産の取引システム。度々サーバーダウンが報道されるなか、Liquidの取引処理性能は毎秒100万と優秀。金融機関出身のエンジニアが在籍しているだけあり、快適な取引が実現。セキュリティレベルも業界最高水準

 取引専用アプリでPC/スマホで快適トレード

暗号資産の取引ツールでは珍しいレイアウト・テーマカラーが変更自由なツール。自身の取引スタイルに合わせた画面構成で機動的な取引を実現。投資がはじめての方でも使いやすいライト版アプリも提供しています。

Liquidの手数料

現物
取引所 無料
販売所 -
アルトコイン 無料
FX形式(2Way price)
取引手数料 -
レバレッジ手数料 -
信用/レバレッジ取引
取引手数料 無料
レバレッジ手数料 0.1%/日
先物
取引手数料 -
レバレッジ手数料 -
暗号資産送付手数料
ビットコイン 無料
イーサリアム 無料
クイック入金 -

Liquidの取引ツール

Liquid の PCツール

  • 国内ビットコイン取引高トップ!国内外マーケットメイカーに参加し15社以上の海外取引所に接続
  • Liquidへのリニューアルで取引ツールが使いやすくアップデート!トレーディングビューで多様なテクニカル分析も可能
  • 世界最高速の取引エンジンを備え相場変動時の大量注文もカバー。約定力も国内トップレベル!
Liquidのツール画面

Liquidのスマホツール

  • チャートと板情報が同時に閲覧できて◎
  • チャートを見ながらの発注は便利。価格アラートもアリ!
  • 発注画面がPCと違い入力しづらい。テクニカル指標も5種類と少なめ。

画像をクリック/タップして拡大

Liquidビットコインの取引で高い流動性と高速の取引エンジンを搭載

liquid

17社以上の海外取引所へ接続しており、高い流動性を確保しています。その結果、ビットコインの現物取引の板が厚く、国内トップレベルの取引高を誇ります。

また、取引処理性能は毎秒100万回と世界最高速の取引エンジンを搭載。相場の急変動にもトレーダーのストレスのない売買を提供しています。

Liquidの評判・口コミ

平均点数:3.58 レビュー数:12
  • 3 投稿日:2020/10/30 21:05:36
    現物取引は手数料無料なので、それが気に入って400回以上、買い・売りの往復のトレードをしたが、出金手数料が高い。また、入金も反映されるのが遅いので、他の取引所に乗り換えました。(60代男性)
  • 2 投稿日:2020/09/02
    自動取引をきっかけに利用しました。 ・コインの種類が少ない ・チャートのインジケーターも乏しい ・チャートの読み込みが遅い ・リアルタイムな取引に向かない せめてコインの種類だけでも増やせばお客さんは増えると思います。(40代男性)
  • 3 投稿日:2020/07/22
    他と別の歴史を歩んだのがそうLiqiudです。クリプトコイナーはいつもLiqiud以外を至高であると信じています。「Liquidは愚か者の選択である」とでも言いたいのでしょうか。そのような人の事情も全て受け止めるってことはできません。Liqiud「も」使うべきと考えます(30代男性)
  • 3 投稿日:2020/04/09
    うーん…あまり目立たない取引所だよね…たぶんアフィリエイトがぱっとしないからだろうね。テレグラムのGramの取引ができるようになるって話もあったりしたから、政治と距離が近い印象はある。 ものすごく悪いわけじゃないけど、ものすごく良いわけでもない取引所かな。(30代男性)
  • 5 投稿日:2019/12/28
    特に大きな不満なく使うことができています。セキュリティーに関しては、ログイン時、パスワード、2段階認証に加えてIPアドレスも確認してくれるので安心です。銀行振込による入金も最近また早くなって、だいたい入金後20分で反映されるので個人的には問題ない。スマホアプリも迷うことなく、使えていて毎月、アップデートもされているので良いです。(20代以下男性)
  • 4 投稿日:2019/12/19
    入金や出金など少し時間はかかるが ハッキング被害等のことを考えると妥当だと思う。 安心・安全な日本の取引所だと思います。 取り扱い通貨が少し少なく感じるのでその辺は今後いい方向にいってもらえると良いと思う。(20代以下男性)
  • 4 投稿日:2018/11/25
    取引自体は凄くやりやすく、手数料もかかりませんから、Quoinex(Liquid)の中で取引して温めていく、のならば、いい取引所です。この取引所の最大の問題は、セキュリティーのためとは言っていますが、出金に時間のかかること。出金に時間がかかっては投資ならばタイミングを逃してしまいますし、そもそも通貨として使うものであるものなのに、通貨として使い物になりません。あと、スマホアプリは使いにくいです。(50代未回答・その他)
  • 3 投稿日:2018/10/23
    iPhoneのSafariでレバレッジ25倍を購入できるのは良いがPCやタブレットがないと決済が出来ないというとんでも無いシステムです。おかげで人生初のレバレッジに挑戦時に決済する方法がわからず気付いた時には3万円程溶かしてしまいました。ちゃんとヘルプ等を読んでいなかった自分が悪いのですが…(40代男性)
  • 5 投稿日:2018/10/07
    私のような初心者のためにもコールセンターの方が対応してくれ親切に教えてくれます。何よりも今までに何のエラーもないところが一番のおすすめです。ちなみに資本金は44億、東証二部の業界一だと聞いています。(50代女性)
  • 5 投稿日:2018/08/21
    仮想通貨を始めたのはショッピングに使いたいためでした。今はゴールド、金のような存在になっている気がします。 ヨーロッパでは地域通貨という動きが盛んで、日本でも始まるのを待ちたい。仮想通貨は今後輸出入製造業や、サービス業などが積極的に価値を理解し、参加されて、私の望む、普通にショッピングで現金やクレジットカードに取って代わると信じたいが、投機対象のイメージが拡散してしまい、本来のポテンシャルが生かされていない。巻き返すには言論、広報の世界での戦いに勝利する必要がありますね。(60代男性)
  • 3 投稿日:2018/08/14
    海外取引所は、他の仮想通貨建てでの購入となりめんどくさいが、直接円購入できるのがいい。送金に対しては手数料設定ができないので時間がかかるので心配ことがある。チャートなどもう少し見やすくなればもっといい。(40代男性)
  • 3 投稿日:2018/08/10
    流動性は乏しいですが、取扱い銘柄が全て取引所取引対応しているのが良い。イーサリアムは国内ではそこそこの流動性がある取引所。 送金が無料で早いので、アービトラージ取引をする時に使えます。 ビットコインのレバレッジ取引もできるので、50万円以下とかの少額投資であれば重宝します。(30代男性)

Liquidの新着情報・ニュースリリース

日付 内容
2020/01/27 世界のブロックチェーンセキュリティー技術を牽引するCertiKとの業務提携

Liquid会社概要

会社名 QUOINE株式会社
所在地 東京都千代田区平河町2-7-3 PMO平河町2階
設立日 2014年11月
主要株主
資本金 約20億円
加盟組合/協会 日本暗号資産ビジネス協会、日本仮想通貨交換業協会、Fintech協会
登録番号 関東財務局長 第00002号

Liquidや暗号資産取引所に関するよくある質問(Q&A)

  • Qどのようなサービスがありますか?

    A暗号資産の板取引とレバレッジ取引があります。ビットコインの現物取引では国内トップレベルの取引高を誇ります。

  • Q取引できる暗号資産は何がありますか?

    A5種類の暗号資産(BTC、XRP、ETH、BCH、QASH)を取引できます。全ての暗号資産が取引所取引となっています。

  • Q手数料は掛かりますか?

    Aビットコイン(BTC/JPY)及びQASHの通貨ペアのの売買手数料は無料となっています。ただし、レバレッジ取引において、0.1%/日掛かります。また、それ以外の手数料は0.1%となっていますが、QASHでの支払いは0.05%となっています。

  • Qいくらから暗号資産を買えますか?

    Aビットコインが100万円の時は10円となる0.001BTCから購入することができます。イーサリアムは0.01ETH、ビットコインキャッシュは0.01BCHからとなります。

  • Qレバレッジ取引はできますか?

    Aあります。板取引でのレバレッジ取引が可能です。対応している通貨ペアは、BTC/JPY、ETH/JPY、XRP/JPYの3つです。

  • Qスマートフォンアプリはありますか?

    Aトレーダー向けとビギナー向けの2つがあります。ライト版は、投資未経験者でも使いやすいように徹底的にこだわったトレードアプリです!

  • Q送金手数料は掛かりますか?

    Aビットコインは0.0005BTC、イーサリアムは0.01ETH、リップルは0.25XRPが必要となります。

  • QLiquid独自のサービスはありますか?

    ALiquidの取引所トークンであるQASHの売買が可能となっています。QASH建ての通貨ペアの取引手数料は、割引適用があります。

  • QLiquidが他の取引所よりも優れている部分はありますか?

    A17社以上の海外取引所へ接続しており、高い流動性を確保しています。ビットコインの現物取引では、国内トップの取引高を誇ります。

  • Qどんな会社が運営していますか?

    A2014年から取引所を運営しているQUOINEです。2017年9月に暗号資産交換事業者として第一号登録を受けました。従業員数は300人以上で、海外にも開発拠点を持っています。

今すぐ口座開設

Liquid 公式サイトへ

※調査日2020年10月12日 著者:みんなの仮想通貨編集部

【掲載情報について】
当サイトに掲載されている評価やランキングは、各取引所の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 口コミの内容はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 また、『みんなの仮想通貨』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 最新情報は各証券会社の公式サイトにてご確認ください。キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。

【取引所ランキングの評価に関して】
当ランキングに関しましては、暗号資産の取引高、取扱い通貨ペア数、売買・送金などの手数料、FX/信用取引サービス、取引ツール、スマホアプリの使いやすさ、セキュリティ対策、顧客サポート体制などから総合的に判断しランキング付けを行っております。
暗号資産取引所おすすめランキングの評価に関して

【暗号資産取引におけるリスク】
ビットコインをはじめとする暗号資産の取引には、価格変動、流動性、ネットワークリスク等のリスクがあります。
当サイトは情報提供を目的としており、売買推奨は行っておりません。投資を行う際はご本人様の責任においてお願い致します。
暗号資産取引におけるリスク要因

【当サイトについて】
当サイトはネット証券会社に関する情報の提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。