レバレッジ取引の注意点〜メリットとデメリットを解説〜

筆者: みんかぶ編集局

仮想通貨の取引を行っていると「レバレッジ取引」という言葉をよく耳にします。しかし、金融商品の取引経験がないと、レバレッジ取引がどのようなものであるか理解するのは困難だと思われます。

もしよく理解しないままレバレッジ取引を始めてしまいますと、思いがけないリスクに直面する場合があります。今回は初心者に向けて、レバレッジ取引の基本的な仕組みやリスクを解説します。

初心者でもわかるレバレッジ取引とは

レバレッジ取引とは、元手を担保に最大4倍の取引を可能にする方法です。この元手のことを証拠金と呼びます。

証拠金に10万円を預ければ、実質40万円の取引が可能となります。そのため、少ない資金で大きな利益を出すことができます。

また、レバレッジ取引は差金取引と呼ばれる仕組みで取引を実施しています。これは現物取引とは異なり、金融商品を購入して保有するのではなく金融商品の「売買価格差」で損益を得る取引です。

仮想通貨の現物取引は、仮想通貨を購入して売却することで利益を出します。つまりビットコインを1BTCを購入したとして、その1BTCの価値が上昇したタイミングで売ることで利益が出ます。

ではレバレッジ取引はどのような取引方法なのでしょうか。レバレッジ取引は、注文として「売り注文か買い注文」を実施します。

買い注文を実施した場合は、注文を行なった分を後で売ることになります。つまり、買い注文を実施してから価格が上昇すれば利益になるということです。

一方で売り注文は、注文を行なった分を後で買い戻すことになるので、価格が下がっていた場合、その差額が利益になります。

そのため、商品を保有する期間はなく、やりとりも日本円のみになります。

Point!
差金決済取引: 有価証券の受け渡しをせずに、売買価格差の授受で決済する取引です。

投資初心者がレバレッジ取引をするメリット

レバレッジ取引は、少ない資金で大きな金額の取引に挑戦することができます。そのため、利益を大きくしやすい点が特徴です。

もっとも、それ以外にもレバレッジ取引を行うメリットはありますので、いくつか紹介します。

大きな金額を運用できる

レバレッジ取引は証拠金を元に大きな金額の取引が行えます。預けた証拠金の4倍まで取引ができます。大きな額の取引をすればそれだけ大きな利益を生み出すことができます。

レバレッジの倍率に関しては、国内の取引所では一律4倍となっています。

2020年1月には金融庁が最大倍率を2倍にする方針を固めるというニュースが出ました。

・日本経済新聞:「仮想通貨取引、証拠金の2倍まで 金融庁が新ルール
・仮想通貨Watch:「仮想通貨レバレッジ取引は証拠金2倍までは妥当な規制か?ビットコイナー反省会がレバレッジ規制の論理性を議論
・COIN POST:「速報 金融庁、仮想通貨FXのレバレッジ「2倍」で方針固める=日経

いつでも取引ができる

仮想通貨のレバレッジ取引は、ほぼ24時間365日可能です。株式や為替などの金融商品でもレバレッジ取引ができますが、株式取引は基本的に日中のみ、為替は平日のみとなっています。

仮想通貨は土日でも24時間取引が可能です。ただし、システムメンテナンスを行なっている時間帯は取引ができないので注意が必要です。

平日はリアルタイムトレードが難しい人でも、仮想通貨であれば土日にレバレッジ取引を行うことができます。

初めての方は要注意!レバレッジ取引のデメリット

仮想通貨のレバレッジ取引には、確かに優れたメリットもありますが、デメリットも存在します。レバレッジ取引を始める前にリスクやデメリットを知っておくだけでも、最悪の事態を避けることができます。

レバレッジ取引の知識を身につけて、リスクが少ない取引を心がけるようにしましょう。

損失が大きくなる可能性がある

レバレッジ取引は、証拠金を活用することで大きな取引ができますが、その反面大きな損失を被る可能性があります。

現物取引であれば、100万円分のビットコインを所有していて10%下がったとしても損失は10万円です。これに4倍のレバレッジをかけたとした場合、損失は40万円となります。

小さな値動きでも、レバレッジの倍率だけ大きな損失となることを覚えておきましょう。

価格変動によるリスクがある

仮想通貨は大型の株式銘柄やドル円と比較すると価格変動が激しい商品です。短時間で大きな利益になることもあれば、その逆も有り得ます。レバレッジを掛けていると、大きな損失にも繋がってしまうので価格変動によるリスクを踏まえた上で取引を進めていく必要があります。

レバレッジ取引のリスクに備えた制度

追証制度

追証(おいしょう)とは、「追加証拠金」の略称です。レバレッジ取引によって損失が生まれ、預けていた証拠金と損失の割合が一定を下回った場合、追加の入金を求められます。この割合のことを「証拠金維持率」と呼びます。

つまり、損失が増えてしまうと証拠金を追加しなければいけないということです。そして追加することで、継続して取引を実施できます。

また、追加入金の期限までに取引中の仮想通貨の価格が上昇して、その割合が回復すれば支払いの必要は無くなります。取引所によって対応は変わりますが、基本的に証拠金維持率を下回るタイミングで警告がでます。そのタイミングで手を引くのか、資金を追加するのかは慎重に選択しましょう。

ロスカット

ロスカットとは、証拠金に対して一定以上の比率の損失が出た時点で強制的に決済をしてしまう制度です。仮想通貨業者側で設定しており、証拠金を上回る損害が出ないようにするための仕組みです。

ロスカットがあるおかげで損害が大きくなりすぎずに済んでいます。しかし、急激な暴落があれば証拠金を超える損失が発生するケースもあります。

ロスカットのボーダーラインは取引所によって異なるので、自分が使用している取引所を確認しましょう。

レバレッジ取引初心者が気をつけるべきポイント

では、これからレバレッジ取引を始める初心者の方はどんなことに気をつければ良いのでしょうか。

ここでは初心者がレバレッジ取引に挑戦する際に気をつけるべきことをいくつか紹介します。

1. 証拠金維持率を意識

証拠金維持率は200%を超えた割合を維持することをオススメします。証拠金維持率を高く維持することでロスカットを発生するリスクを抑えることができます。

また、証拠金を多くいれておくことで戦略的な取引が可能となります。分散して注文を入れることでリスクを抑えることも可能なので、維持率については必ず注意しておきましょう。

2.徹底した損切りが大事!

レバレッジ取引だけではありませんが、投資をする上では「損切り」を行うタイミングを明確にしましょう。

損切りとは、取引で価格が下落している際に「これ以上、下げることはできない」というタイミングにおいて損失覚悟で取引を完結させることです。

トレードに100%勝っているトレーダーはいません。いつかは負ける時がきます。損失を抱えてしまった場合は、早めに損切りをして被害額を抑えましょう。

損切りのタイミングは個人によって変わりますが、

  • ・トレードノートをつくる
  • ・自身の勝率を記録する

などを習慣づけると、損切りのタイミングもつかみやすくなります。

自分の中で損切りの基準を見つけておくことも大切です。

3. 余剰資金で取引

投資全般に言えますが、余剰資金で取引するようにしましょう。生活資金を元手にレバレッジ取引を始めてしまうと、損益が膨らんだ時に実生活にまで影響が及びます。

また、生活資金を投資に使用していると取引の際に焦りが出てしまい、正しい判断ができなくなってしまいます。

それぞれの立場によって余剰資金の数量は異なりますが、

  • ・20代サラリーマンなら1万円ずつ
  • ・結婚していてお小遣いでトレードをしている人は5000円ずつ

など、それぞれの立場で毎月どれくらい投資に使うのかを明確にしておくと、生活にまで影響を及ぼすことはないでしょう。

4. 積極的な情報収集

仮想通貨の取引において、チャートだけが情報源ではありません。時価総額や取引件数など、市場全体の見ておくことで取引を有利に進めていくことが可能です。

特に、市場全体の情報を押さえた「ファンダメンタルズ指標」という情報源は、金融資産の実態を分析する指標としてはオススメです。

また、仮想通貨の世界ではwebサイトやニュースでの情報収集も重要です。例えば、

などの情報は、トレーダーから支持されています。

ただし、ネットの中には信用性が低い情報もあるので、信用できる発信者を見つけたり自ら調査することも大事になってきます。

5. 寝ポジは厳禁

投資の世界で、ポジションを持った状態で寝ることを「寝ポジ」と呼びます。投資に慣れてきた際についつい行ってしまう行為で、大きな失敗につながります。

就寝中におこる価格変動で利益を出そうとするトレーダーがやりがちですが、大きなリスクを伴います。もし就寝中に大きな損失が発生したとしても対応することができないため、朝目覚めた時に含み損に直面してしまう場合があります。

就寝中の取引を進めたいのであれば、逆指値を出しておくなどの対策を行いましょう。

また、不安にならないために寝る前は注文を入れないというのがもっとも効果的な対策です。

レバレッジ取引を始める前にしっかりリスクを認識しておこう

今回は仮想通貨のレバレッジ取引について解説しました。レバレッジ取引は現物取引とは違い、利益が大きく出やすいことと同時に、損失が大きくなるリスクもあります。

精神的にも経済的にも負担がかかることがあるため、十分リスクについて理解した上で取引を進めましょう。

安心のGMOインターネットグループ
初心者にも安心の取引所!9つの暗号資産で現物、レバレッジ、暗号資産FXが可能。FX取引ツールレベルの高機能で使いやすいスマホアプリ!10種類のテクニカル指標が利用できるチャートにスピード注文も可能◎

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

みんかぶ編集局

みんかぶ編集局

資産運用のトレンド情報や、初心者が楽しく学べるお金の基本コラムなど、資産形成をするすべての人に向けた記事を提供します。

みんかぶ編集局の投稿

みんかぶ編集局の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら