一時間で分かるビットコイン入門

  • ビットコインを管理するウォレット(財布)を知っておく

    小田 玄紀
    17/08/17 (木) 09:00

    ビットコインのような仮想通貨(暗号資産)を購入すると、「ウォレット」(財布)に入れて管理します。取引所に口座を作ってビットコインを買うと、買ったビットコインは口座の中に入ります。ウォレットには様々なタイプがあり、大きくは「ホットウォレット」や「コールドウォレット」の2つに分けることができます。この記事では、ビットコインを取引するにあたって、知っておくべき「ウォレット」の情報を紹介します。

  • ビットコイン投資のリスクとは

    小田 玄紀
    17/08/11 (金) 17:07

    最近では、現金払いからウォレットでの支払いも多くなっています。しかし、ウォレットを登録している銀行や証券所の信用があってこそ成り立っていることでしょう。株式、債券のような投資も同じようにメリットがありますが、リスクも伴います。ビットコインのような仮想通貨(暗号資産)の場合、セキュリティのトラブルによる価格の暴落がりすくとなります。この記事では、ビットコイン投資のリスクについて細かく紹介していきます。

  • 為替とビットコイン価格の関係

    小田 玄紀
    17/08/04 (金) 16:50

    世界の多くで取引されているビットコインは、各国の需要と供給で価格が決まります。商品先物のひとつ「金」の値段は、アメリカドルが基軸通貨として価格変動が起きますが、ビットコインはそうではありません。そのため、国際分散投資も可能になるので様々な通貨と取引ができます。この記事では、為替相場とビットコイン価格の密接な関係を紹介していきます。

  • 値上がり益を狙う、レバレッジを使うなど手法も多彩

    小田 玄紀
    17/07/28 (金) 16:00

    仮想通貨(暗号資産)を扱う一つに投資があります。FXのような差金決済取引(CFD)であり、レバレッジ取引も可能です。さらに、仮想通貨を投資する魅力の一つは、24時間365日、いつでもリアルタイムに取引可能という点です。1番有名な「ビットコイン」だったり、「イーサリアム」、「アルトコイン」なども取引可能です。

  • 海外送金。ビットコインなら手数料はほんのわずか

    小田 玄紀
    17/07/21 (金) 18:39

    家族や友人、あるいは取引をする他人に法定通貨を銀行口座から送金するとなった場合、手数料がかかるのは当然ですが、海外先だと更に負担が重くなります。しかし、ビットコインのような仮想通貨(暗号資産)であれば、法定通貨の手数料よりさらに安い手数料(0.1%程度)で抑えることができます。この記事では、ビットコインの海外送金について細かく紹介しています。

  • マイナー通貨との付き合い方には要注意

    小田 玄紀
    17/07/14 (金) 16:59

    仮想通貨(暗号資産)を扱う中で、ビットコインの人気は一番であり、それ以外は扱わないという方は多いです。しかし、急騰しすぎたビットコインが高すぎるために、マイナーな仮想通貨を扱う人も今後多くなるでしょう。今回は、マイナー通貨でトラブルのあった「DAO」の紹介とともに、マイナー通貨との付き合い方を紹介していきます。

  • 取引所の安全性はどう保たれるか

    小田 玄紀
    17/07/04 (火) 19:05

    仮想通貨(暗号資産)を取引・所持することにおいて、取引所の安全性が高いに越したことはありません。ブロックチェーンのセキュリティ対策など、一定の規定が施されているか、金融庁の監視下のもとに動いているかなど、どのように取引所の安全性が保たれているのか紹介していきます。

  • マウントゴックス社の事件で

    小田 玄紀
    17/06/26 (月) 12:55

    2014年、新聞などにも大きく掲載され騒動となった、ビットコインの人気に「ほんの一瞬」影を落とす出来事がありました。当時、世界最大のビットコイン取引所だったマウントゴックス社が突然、取引を全面停止し、経営破綻したのです。実際のところ、サイバー攻撃による安全面の危機に陥るようなことではなかったものの、どのような出来事だったのかを紹介していきます。

  • ビットコインを支えるブロックチェーンとは?

    小田 玄紀
    17/04/26 (水) 17:00

    仮想通貨(暗号資産)の話を聞いた人の中には、「ブロックチェーン」という言葉を耳にした方は多いのではないでしょうか。「ブロックチェーン」とは、顧客の台帳をネットワークに繋がっている不特定多数のコンピューターに分散させ共有する“分散型台帳技術”というものです。最近ではメガバンクもこのシステムを利用する傾向が見られます。この記事では、ブロックチェーンとは何かを紹介していきます。

  • ビットコインと法定通貨はどこがどう違う?

    小田 玄紀
    17/04/24 (月) 19:01

    ビットコインはお店での買い物の支払いにも使えるし、送金にも使える。現物ではなく仮想である通貨は電子決済取引になるので、銀行や証券会社でも扱う可能性があります。そのようなビットコインなどの仮想通貨(暗号通貨)と円やドルといった法定通貨の違いはどのようなものかを紹介していきます。

  • ビットコインは法律的にも「お金」と同様の存在。国のお墨付き

    小田 玄紀
    17/04/21 (金) 13:01

    いつも使っているお金(法定通貨)にはない、別の魅力があるビットコインは、「決済手段」としてお店で買い物をしたり、寄付できたりするところは今後、大きく増えていく可能性があります。 その起爆剤となるのが、2016年に成立した「改正資金決済法」という法律です。

  • ビットコインでできること

    小田 玄紀
    17/04/21 (金) 12:29

    ビットコインとは、インターネット上で発行、取引される仮想通貨(暗号資産)の1つです。普通のお金(法定通貨といいます)と同じように使うことができますが、たまにニュースで危険性があるような報道を見て、不安になる方も多いでしょう。しかし、しっかりとした知識を持っていることは損にはなりません。この記事では、ビットコインでできることや、使い方を紹介します。

メデイア・広告掲載について

『みんなの仮想通貨』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら