ビットコイン(BTC)の対ドル相場は22日、心理的節目となる6500ドルラインを上抜け、本稿執筆時点(10:30/GMT+9:00)で6843ドルの高値を付けました(前日比+5%)。

直近2週間、相場は終値ベースで6550ドルから5880ドルのレンジで推移しておりましたが、本日の急伸で上方ブレイクを示現した格好となります(第1図)。

BTCの急伸につられてか、他の主要通貨も22日朝から上昇を記録。イーサリアム(ETH)は前日比+7%、リップル(XRP)は前日比+6%となっております。

第1図:BTC対ドルチャート

第2図:ETH対ドルチャート

第3図:XRP対ドルチャート

また、現在53%近くの市場ドミナンスを占めるビットコインの急伸により、仮想通貨市場の時価総額も22日朝10:00から10:30の間でおよそ5%の上昇を記録しております(第4図)。

第4図:仮想通貨市場時価総額チャート(8/21〜8/22)

 

<本記事ご協力>

ビットコインなどの仮想通貨をまとめたメディア『FinAlt』が提供finalt