^
ページTOPへ

暗号資産(仮想通貨)取引所取り扱い通貨比較【2020年10月版】
取引所ごとの取扱通貨を徹底調査‼︎

仮想通貨

暗号資産は世界に数千通貨とありますが、その中でも日本の取引所で取引ができる通貨は限られています
この比較表では、金融庁に登録済みの取引所の中から更に厳選した信頼できる取引所の取り扱い暗号資産をまとめました。自分が取引したい通貨がどの取引所で扱っているのか、口座開設の前にご確認ください!

2020年10月12日更新

[現物]暗号資産(仮想通貨)取引所の取り扱い通貨 比較表【2020年10月版】

会社名 BTC
BTC
ETH
ETH
BCH
BCH
LTC
LTC
XRP
XRP
XEM
XEM
ETC
ETC
MONA
MONA
LSK
LSK
FCT
FCT
XLM
XLM
QASH
QASH
BTG
BTG
QTUM
QTUM
BAT
BAT
HT
HT
OMG
OMG
IOST
IOST
bitFlyer 詳細 取引所・販売所 取引所・販売所 取引所・販売所 販売所のみ 販売所のみ 販売所のみ 販売所のみ 販売所のみ 販売所のみ - 販売所のみ - - - 販売所のみ - - -
Coincheck 詳細 取引所・販売所 販売所のみ 販売所のみ 販売所のみ 販売所のみ 販売所のみ 取引所・販売所 取引所・販売所 販売所のみ 取引所・販売所 販売所のみ - - 販売所のみ 販売所のみ - - 販売所のみ
DMM Bitcoin 詳細 販売所のみ 販売所のみ 販売所のみ 販売所のみ 販売所のみ 販売所のみ 販売所のみ 販売所のみ - - 販売所のみ - - 販売所のみ 販売所のみ - - -
GMOコイン 詳細 取引所・販売所 取引所・販売所 取引所・販売所 取引所・販売所 取引所・販売所 販売所のみ - - - - 販売所のみ - - - 販売所のみ - 販売所のみ -
bitbank 詳細 取引所のみ 取引所のみ 取引所のみ 取引所のみ 取引所のみ - - 取引所のみ - - 取引所のみ - - - - - - -
Liquid 詳細 取引所のみ 取引所のみ 取引所のみ - 取引所のみ - - - - - - 取引所のみ - - - - - -
SBI VCトレード 詳細 取引所・販売所 取引所・販売所 - - 取引所・販売所 - - - - - - - - - - - - -
Huobi Japan 詳細 取引所・販売所 取引所・販売所 取引所・販売所 取引所・販売所 取引所・販売所 取引所のみ - 取引所のみ - - 取引所のみ - - - - 取引所・販売所 - -

[レバレッジ]暗号資産(仮想通貨)取引所の取り扱い通貨 比較表【2020年10月版】

会社名 BTC
BTC
ETH
ETH
BCH
BCH
LTC
LTC
XRP
XRP
XEM
XEM
ETC
ETC
MONA
MONA
LSK
LSK
FCT
FCT
XLM
XLM
QASH
QASH
BTG
BTG
QTUM
QTUM
BAT
BAT
HT
HT
OMG
OMG
IOST
IOST
bitFlyer 詳細 取引所のみ - - - - - - - - - - - - - - - - -
Coincheck 詳細 - - - - - - - - - - - - - - - - - -
DMM Bitcoin 詳細 販売所のみ 販売所のみ 販売所のみ 販売所のみ 販売所のみ 販売所のみ 販売所のみ 販売所のみ - - 販売所のみ - - 販売所のみ 販売所のみ - - -
GMOコイン 詳細 取引所・販売所 取引所・販売所 取引所・販売所 取引所・販売所 取引所・販売所 販売所のみ - - - - 販売所のみ - - - 販売所のみ - 販売所のみ -
bitbank 詳細 - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Liquid 詳細 取引所・販売所 取引所・販売所 - - - - - - - - - 取引所・販売所 - - - - - -
SBI VCトレード 詳細 - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Huobi Japan 詳細 取引所・販売所 - - - - - - - - - - - - - - - - -

新規暗号通貨取り扱い情報

開始日 会社名 通貨名 取引タイプ 取引方式
2020/10/05
コインチェック
MONA モナコイン
現物 取引所・販売所
2020/10/05
コインチェック
ETC イーサリアムクラシック
現物 取引所・販売所
2020/09/16
ビットバンク
XLM ステラ
現物 取引所のみ
2020/09/10
フォビジャパン
XEM ネム
現物 取引所のみ
2020/09/10
フォビジャパン
XLM ステラ
現物 取引所のみ
2020/09/08
コインチェック
IOST アイオーエスティー
現物 販売所のみ
2020/08/06
ビットフライヤー
XLM ステラ
現物 販売所のみ
2020/08/06
ビットフライヤー
XEM ネム
現物 販売所のみ
2020/07/22
GMOコイン
OMG オーエムジー
レバレッジ 販売所のみ
2020/07/22
GMOコイン
OMG オーエムジー
現物 販売所のみ
2020/07/22
DMM Bitcoin
BAT バット
レバレッジ 販売所のみ
2020/07/22
DMM Bitcoin
QTUM クオンタム
レバレッジ 販売所のみ
2020/07/13
コインチェック
BAT バット
現物 販売所のみ
2020/06/16
フォビジャパン
HT フォビトークン
現物 取引所・販売所
2020/04/22
GMOコイン
BAT バット
レバレッジ 販売所のみ
2020/04/22
GMOコイン
XLM ステラ
レバレッジ 販売所のみ
2020/04/22
GMOコイン
XEM ネム
レバレッジ 販売所のみ
2020/04/09
ビットフライヤー
BAT バット
現物 販売所のみ
2020/04/01
コインチェック
FCT ファクトム
現物 取引所・販売所
2020/03/18
GMOコイン
BAT バット
現物 販売所のみ
2020/03/12
コインチェック
QTUM クオンタム
現物 販売所のみ
2020/02/19
DMM Bitcoin
XLM ステラ
レバレッジ 販売所のみ
2020/02/19
DMM Bitcoin
MONA モナコイン
レバレッジ 販売所のみ

通貨の詳細情報

通貨 特徴 時価総額 発行上限 上場時期
ビットコイン
BTC
Bitcoin
ビットコインは、サトシ・ナカモトと言う人物によって考案された世界初の仮想通貨です。
中央機関が存在せず、通貨の発行や取引はすべてP2P上で行われます。暗号化にはブロックチェーンという技術が採用され、改ざん、不正に強い仕組みになっています。
また世界中誰とでも取引ができるため、新しい送金手段として注目されています。
約 19兆6,804億円 21,000,000 2013年4月28日
イーサリアム
ETH
Ethereum
イーサリアムは、スマートコントラクト機能を備えた分散型アプリケーションプラットフォームです。
創業者であるVitalik Buterinによって2013年に考案され、2015年に全世界に公開されました。 ビットコインの次に大きいイーサリアムですが、ビットコインが価値の保存や決済システムを目指している事に対して、 イーサリアムはあらゆるアプリケーションのプラットフォームになる事を目指しています。
イーサリアム上の取引で使われる通貨をEther(イーサ)といい、イーサリアムを利用する際にかかる手数料をGas(ガス)と呼びます。
約 2兆9,654億円 上限なし 2015年8月7日
リップル
XRP
Ripple
2004年に決済プロトコルが開発され、2012年E-Loan創始者のクリス・ラーセンによってRipple社の前身であるOpenCoin,inc,が設立されました。
Ripple社は銀行、送金業者、デジタルアセット取引所や事業会社をRippleNet経由で接続し、シームレスな国際送金を可能とするソリューションを開発しています。 XRPはRipple社が発行主体の、RippleNetに最適化された高速でスケーラブルな、決済用デジタルアセットです。
送金スピードは4秒。毎秒1500件の処理が可能で、さらにオフレジャーのペイメントチャネルによって毎秒5万件までの処理が可能になります。(Visaと同等)
約 9,869億円 100,000,000,000 2013年8月5日
ライトコイン
LTC
Litecoin
ライトコインは、2011年10月に公開された仮想通貨です。 ビットコインが抱える問題を元に、チャーリー・リー氏によって作成されました。このため、多くの部分で設計が似ています。送金スピードやマイニングアルゴリズムはよりスピーディーに、より公平性を保てるように創られています。巷ではビットコイントが金で、ライトコインは銀と言われています。
スケーラビリティ問題に対応したSegWitは、ビットコインよりも早く採用されました。
約 3,377億円 84,000,000 2013年4月29日
ビットコインキャッシュ
BCH
Bitcoin Cash
ビットコインキャッシュは2017年7月にビットコインから分裂したもうひとつのビットコインです。
Satoshi Visionを掲げ、オリジナルのビットコインがこれまで抱えていた手数料問題や送金遅延を改善するために誕生しました。
多くの部分でビットコインに似ていますが、ブロックサイズや、マイニングにおける難易度調整など、細かな部分ではオリジナルと異なっています。
約 5,163億円 21,000,000 2017年8月1日
ビットコインゴールド
BTG
Bitcoin Gold
Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)は、2017年11月にビットコインから1対1の割合で分裂した仮想通貨です。
ビットコインでは年々マイニングの難易度が上昇しており、GPUでマイニングする事が困難になっています。 このプロジェクトは、ビットコインのように富裕層がASICマシンを並べてマイニングする現状を打開するため立ち上げられました。
ビットコインゴールドでは非ASICでGPUマイニングが可能です。
約 180億円 21,000,000 2017年10月24日
ネム
XEM
NEM
NEMは2015年3月、Bitcointalkのフォーラムにてutopianfutureという人物によって作り出されたアルトコインです。
Nxtプロジェクトに触発され、Javaで書かれました。
NEMはNew Economy Movement(新しい経済圏)の略称であり、公平な世界、金銭的な自由を得る事を目的とした仮想通貨です。
約 456億円 8,999,999,999 2015年4月1日
イーサリアムクラシック
ETC
Ethereum Classic
Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)は2016年7月、「The DAO事件」がきっかけでイーサリアムから分裂して生まれたアルトコインです。
分裂した理由は非中央集権を追及するため、という思想の違いからでした。独自言語であるSolodityやスマートコントラクトなど機能面ではイーサリアムと大きな差はありませんが、 イーサリアムクラシックでは前述の事件以降、セキュリティ面に最大限の力を注いでおり、安全性は高いと言われています。
また、今後はIoT分野を中心に活躍を広げる他、Solidityよりもハイレベルな開発しやすい言語「 Emerald」も導入予定です。
約 870億円 上限なし 2016年7月24日
ファクトム
FCT
Factom
Factomは、変更不能な記録保持システムを提供することによって現実のビジネス問題を解決し得る有用なブロックチェーン技術です。
Factomの分散元帳技術は、Bitcoinブロックチェーンの上にデータレイヤーを作成することで、暗号分離を使用して1つのハッシュでブロックチェーン内の数百万のリアルタイムレコードを保護します。
例えば企業や政府がFactomを使用して情報を文書化すると、それを改ざんすることはできません。
約 18億円 8,745,102 2015年10月6日
リスク
LSK
Lisk
Liskは2016年1月にCryptiからフォークした仮想通貨です。
開発者はメインチェーンにリンクされた独自のサイドチェーンを作成する事が出来、その上にプラットフォームに依存しないDAppsを構築する事が出来ます。 また、Lisk上で動作するネイティブトークンをLSKと言います。
開発言語には人気のJavaScriptを採用しており、多くのエンジニアが参入しやすい環境になっています。 ビットコインと大きく異なる点はDPoSというコンセンサスアルゴリズムです。 マイニングではなく、投票で選ばれた101人の代表者が取引承認を行っています。
約 170億円 156,000,000 2016年4月7日
モナコイン
MONA
MONA
Monacoinは2013年12月に巨大掲示板2ちゃんねるで公開された仮想通貨です。
モナーという名前の由来は2ちゃんねるでよく使われるキャラクター「モナー」から。 ライトコインをベースに作られており、技術面ではSegwitを世界最速で採用しています。
一般的な仮想通貨とは目的が異なっており、Twitterで投げ銭をし合うなどコミュニティで盛り上がるために使われています。
約 134億円 105,120,000 2014年1月1日
クオンタム
QTUM
Qtum
Qtum(クアンタム)は2016年12月にQtum財団によって構築、公開された次世代ブロックチェーン技術に重点を置く新しい仮想通貨です。
システムや機能面はビットコインとイーサリアムの良い部分を取り入れたハイブリッド仕様になっています。
Qtumはネットワーク上ですべての人々が価値を発信、企業の立ち上げ、資金調達ができるシステムを構築する事が目標です。
約 195億円 100,000,000 2015年5月25日
キャッシュ
QASH
QASH
QASHは仮想通貨取引所QUOINE社が発行する仮想通貨です。
主に同社のプラットフォーム上で、手数料の割引、新商品/新サービスへの優先的なアクセス等に利用されます。
約 12億円 1,000,000,000 2017年11月22日
バット
BAT
Basic Attention Token
Basic Attention Token(BAT)はイーサリアムベースの仮想通貨です。
創業者はMozillaの前CEOで、JavaScriptの生みの親でもあるBrendan Eich氏です。 2017年5月に行われたICOでは、スタートからわずか30秒で数十億を集めたプロジェクトとして大きな注目を浴びました。 BATは専用ブラウザのBrave上で動作する仮想通貨です。従来のネット広告やトラッカー等煩わしい表示を標準でブロックします。
BATはユーザーが広告を表示すると支払われる仕組みで、ユーザーと広告主の共存を目指します。
約 386億円 1,500,000,000 2017年6月1日
オーエムジー
OMG
OMG Network
OMG Network(オーエムジーネットワーク)は日本人の起業家・長谷川潤氏によって立ち上げられたブロックチェーンプロジェクト。本拠地はタイにあり、Omiseというホワイトラベルのオンライン決済システムを提供しています。オーエムジー(OMG)は、OMG Network上で使用される独自の仮想通貨です。この決済システムでは、ウェブサイトやモバイルアプリで通貨の送受信ができます。2017年にはタイのマクドナルドと業務提携を結び、シームレスなオンライン注文が可能となりました。2017年には「OmiseGo」として開発・運営がスタートしていましたが、2020年6月1日にOMG Networkへとリブランドされました。 約 586億円 140,000,000 2017年07月13日
ステラ
XLM
Stellar
開発の中心は、マウント・ゴックス(Mt GOX)を創業したジェド・マケーレブ氏が中心。
個人向けの決済、送金システムの効率化を目指して設計されています。また、ステラのネットワーク内では、米ドルや日本円などの法定通貨と交換が可能になっています。非営利団体であるステラ開発財団が運営しています。
発行上限枚数の上限が毎年1%増加するという他の仮想通貨にはない特徴があります。2019年11月に総供給量の約半数をバーンしました。
約 1,824億円 104,264,152,998 2014年8月5日
アイオーエスティー
IOST
IOST
クレジットカードが利用されるのと同様のレベルでブロックチェーン技術を様々なサービスが活用できるようにすることを目指し、2019年2月25日にメインネットをローンチしたブロックチェーンプロジェクト。IOSTのネットワークでは、次世代のコンセンサスアルゴリズム「PoB(Proof of Believability)」により、公平且つ高速なスケーラビリティ(処理能力)と非中央集権性が実現されています。既に国内においても、再生可能エネルギー電力の取引システムの実証実験や精密医療や患者ケアに関するデータ管理の研究開発などが行われており、今後さらなる活用が期待できます。 約 82億円 22,073,476,485 2018年01月16日

販売所と取引所の違いと買い方

暗号資産の取引所は「取引所」と「販売所」という2種類の取引形式があります。

取引所:ユーザー同士の売買

暗号資産の取引所では「板」と呼ばれる注文リストがあり、自身で売買する価格や数量を決めて注文することができます。

特徴:希望価格を出せたり、様々な注文が出せる

販売所:交換業者販との売買

スプレッドと呼ばれる売り値と買い値の価格差があることが特徴です。
このスプレッドがあるため、手数料は取引所方式と比べると高くなります。ただ、基本的に提示されている価格で売り買いが可能です。

特徴:手数料は高いがいつでも売買が成立する

取引所 販売所
手数料 ×
購入しやすさ

「取引所」と「販売所」の違いを詳しくみる

1. 販売所で口座開設

  • 1. メールアドレス・パスワード登録
  • 2. 本人確認書類の送付
  • 3. 審査完了後、確認書類を受け取り

2. 日本円を入金

  • 取引所の指定口座に入金

3. 通貨を購入

  • 任意の「販売所」か「取引所」で購入
  • 「販売所」がない取引所もあります。取引所によっては、通貨ごとに「取引所」扱いと「販売所」扱いが分かれていることもあります。

暗号資産取引所 取り扱い通貨に関するQ&A

  • Qなぜ、モナコインを買える取引所と買えない取引所がるのですか?

    A東証一部上場のGMOグループが運営する「GMOコイン」です。投資初心者にも操作が分かり易い取引ツールとスマホアプリを提供しており、顧客サポートもチャット対応があります。 また暗号資産の送付手数料や即時入金手数料、そしてレバレッジ取引の取引手数料も無料となっています。 取引スタイルも、現物取引、販売所、レバレッジ取引、暗号資産FXと4つの取引方法を用意。暗号資産FXでは最大4倍のレバレッジを効かせた取引ができます。

  • Q人気のある暗号資産(仮想通貨)はなんですか?

    A『みんなの仮想通貨』で人気のある暗号資産は、圧倒的にビットコインです。次いでリップル、イーサリアム、ライトコイン、モナコイン、ネム、ビットコインキャッシュとなります。

    暗号資産チャート一覧

  • Q暗号資産(仮想通貨)の種類はどれだけありますか?

    A世界最大の暗号資産情報サイトであるコインマーケットキャップでは、2311の暗号資産の情報が配信されています。
    同じく大手のコインゲッコーでは、5068の暗号資産の情報を見ることができます。(2019年7月1日時点) みんなの仮想通貨では、時価総額が高く、取引高があり世界的に人気の高い暗号資産を厳選して掲載しています。

    暗号資産リアルタイムレート・時価総額情報

  • Qなぜ日本で取引できる暗号資産(仮想通貨)は少ないのですか?

    A暗号資産は、開発者やマイナーの争いが多い場合や、ネットワークが安定していないものが存在します。そのため、日本ではそういった不安の少ない暗号資産を調査し、ホワイトリストとしています。

    参考:各種資料(日本仮想通貨交換業協会)

  • Q販売所で買えて、取引所で買うことのできない暗号資産があるのは何故ですか?

    A交換業者の方針の違いとなります。板取引の取引所方式しか提供しない交換業者もあれば、ビットコイン以外の暗号資産の売買は販売所方式の交換業者もあります。運営体制やビジネスモデルにより異なりますので、自身の買いたい暗号資産、取引方式によって交換業者を使い分ける方が良いでしょう。

※調査日2020年10月12日 著者:みんなの仮想通貨編集部

【掲載情報について】
当サイトに掲載されている評価やランキングは、各取引所の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 口コミの内容はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 また、『みんなの仮想通貨』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 最新情報は各証券会社の公式サイトにてご確認ください。キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。

【取引所ランキングの評価に関して】
当ランキングに関しましては、暗号資産の取引高、取扱い通貨ペア数、売買・送金などの手数料、FX/信用取引サービス、取引ツール、スマホアプリの使いやすさ、セキュリティ対策、顧客サポート体制などから総合的に判断しランキング付けを行っております。
暗号資産取引所おすすめランキングの評価に関して

【暗号資産取引におけるリスク】
ビットコインをはじめとする暗号資産の取引には、価格変動、流動性、ネットワークリスク等のリスクがあります。
当サイトは情報提供を目的としており、売買推奨は行っておりません。投資を行う際はご本人様の責任においてお願い致します。
暗号資産取引におけるリスク要因

【当サイトについて】
当サイトはネット証券会社に関する情報の提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。