仮想通貨プロジェクトEARNETがAirDropを実施しています。

AirDropとは知名度の向上や、保有者を増やすことでトークンを流通させるために行うことが多く、仮想通貨(トークン)の開発者が作成したトークンを無料で配布することを指します。

今回のAirDropに参加するために複雑な手続きは必要なく、テレグラムを利用して受け取ることができます。

 

EARNETについて

EARNETはインターネット広告の革新的なプラットフォームで、従来のアフィリエイト広告であった、3つの課題をブロックチェーンと次世代のテクノロジーによって解決することを目指した非中央集権的な広告マーケティングを実現させようとしています。

 

参加方法

AirDropに参加するのに必要なものは5つあり、①テレグラムのアカウント、②メールアドレス、③ETHアドレス、④Twitterアカウント、⑤Mediumアカウントになります。

アドレスの作成方法については下記に記載しておりますのでご覧ください。準備が整ったら、テレグラムを起動し手順に沿って登録すると受け取れます。

〜手順〜

  1. 1.    テレグラムbotを起動します。https://t.me/EARNETAirdropBot
  2. 2.    テレグラムグループに参加します。https://t.me/earnet_io
  3. 3.    テレグラムbotにメールアドレスを入力します。
  4. 4.    入力が終わり投稿したら左下にあるnext stepをクリックします。
  5. 5.    クリックした後にメッセージが届きますので、続けてETHアドレスを入力します。
  6. 6.    入力が終わり投稿したら左下にあるnext stepをクリックします。
  7. 7.    Twitterのフォローをお願いします。https://twitter.com/earnet_io
  8. 8.    Mediumのフォローをお願いします。https://medium.com/@earnet

 
手順通りに進めることで簡単に参加できます。

アドレス作成方法

・ETHアドレス

 EARNETトークンはERC20をベースとしたETHトークンのため、ERC20に対応しているETHアドレスが必要です。AirDropの受取では取引所のアドレスを使用することができません。別途、個人で管理するためのウォレットアドレスが必要になります。

※ETHアドレスの作成には、日本語対応している[MyEtherWallet]がオススメです。

作成方法については下記URLにてご確認ください。

[MyEtherWallet] https://kb.myetherwallet.com/getting-started/creating-a-new-wallet-on-myetherwallet.html

まとめ

今回はEARNETのAirDropについて解説しました。元手となる資金が不要なため、仮想通貨に「手を出しづらい人」でも簡単にトークンを保有することができます。

しかし、AirDropを行うプロジェクトには詐欺案件も存在するため注意が必要です。パスワードの使い回しはしないこと、秘密キーの入力は行わないこと、この2点は必ず守りましょう。

引き続き、次世代アフィリエイトプラットフォーム「EARNET」の動向に注目です。

今後もAirDropの情報が入ったらご紹介していきたいと思います。

・公式サイト:https://earnet.io
・Telegram:https://t.me/earnet_io
・Twitter:https://twitter.com/earnet_io
・Facebook:https://facebook.com/earnet.io
・Medium:https://medium.com/@earnet

 

 

<本記事ご協力>

ビットコインなどの仮想通貨をまとめたメディア『FinAlt』が提供

  finalt