10月22日にBakktが公式通知にて、BTC先物とウェアハウジング・サービスのローンチを2018年12月12日(水)に予定していると、米商品先物取引委員会(CFTC)の承認に先がけて発表し、同時にサービスの詳細も公開しました。

米アトランタに拠点を置き、ニューヨーク証券取引所(NYSE)を傘下に持つインターコンチネンタル取引所(ICE)は、今年8月に仮想通貨の取引と決済を可能にするプラットホーム「Bakkt」を11月にローンチすると発表。

また、プレスリリースでは、ICEが現物受け渡しのビットコイン(BTC)1日先物(physically settled 1-day bitcoin futures)とBakktの一環として仮想通貨のウェアハウジングも手掛けるという発表もあり、取り扱い株式の時価総額が世界トップレベルのNYSEを運営するICEが仮想通貨業界に参入するとのことで、市場では大きなサプライズとなりました。

現在、BTCの先物は、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)やシカゴ・オプション取引所(CBOE)で取引されていますが、これらの取引所ではインデックスを基にした差金決済のみとなっており、清算は米ドルのみで行われます。その点、Bakktが予定しているBTC先物は、現物、つまり実際のビットコインが受け渡されることが特徴となります。

ICEのCEOジェフ・スプリッシャー氏は、昨年12月、CMEとCBOEがインデックスを基にするBTC先物のローンチ予定を発表する中で、「透明性がそれほどない取引所のインデックスを基に(先物)商品を組成し一番手になることを急ぐのは賢明とは考えなかった」と発言していたため、ICEによる「現物受け渡し」のBTC先物の開発は自然な流れと言えるでしょう。

 

<本記事ご協力>

ビットコインなどの仮想通貨をまとめたメディア『FinAlt』が提供

  finalt

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。