Original Article:失速感目立つ仮想通貨市場、上昇トレンド突入の分岐点となるか?:Vol.20 仮想通貨価格分析

先週前半の仮想通貨市場は、ビットコインキャッシュ(BCH)先導で全体的に上昇基調となりましたが、週後半にかけては失速感も確認され、「反落」または「横ばい」といった値動きが目立ちます。

今週は、それぞれ現在の水準から反発し上昇トレンド突入に向け順調に上値を伸ばせるか、または再び方向感に欠く相場に逆戻りするかが注目されます。

ビットコイン(BTC)

ビットコイン(BTC)の対ドル相場は7日に心理的節目となる6500ドルの上抜けに成功しましたが、翌8日からは下落基調となっており、足もと6420ドルで推移しています。

先週収斂(れん)していた21日、34日、55日移動平均線は現在デッドクロスを示現しています(第1図)。

相場は8日から9日にかけての下落で4本の移動平均線を割り込み、週末は13日移動平均線を挟む値動きとなりました。

【第1図:BTC対ドルチャート(13213455日移動平均線&RSI)】

出所:Bloombergより作成

一目均衡表では、先週に引き続き均衡表が逆転(転換線の基準線下抜け)しており、10日には遅行線が実体線を割り込み逆転しています(第2図)。

一方、10日には転換線から大幅に上方乖離していた基準線が6500ドル付近まで下落したことで、均衡表の好転が射程圏内に入ったといえそうです。

また、12月中旬までは雲下限が6649〜6944ドルと現在の相場より高い水準にあり、雲の幅も狭くなっていることから、この先は雲下限を目指す展開に期待が寄せられます。

【第2図:BTC対ドルチャート(一目均衡表)】

出所:Bloombergより作成

イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)の対ドル相場は、6日に心理的節目となる210ドルの上抜けに成功し、翌7日には225.12ドルの高値を記録したものの、終値は219.65ドルとなり220ドルの上抜けには失敗しています。

8日から9日にかけて相場は下落したものの、210ドル下抜けは死守しております。

5日時点では、4本全ての移動平均線がデッドクロスを示現していましたが、現在までに13日移動平均線が9日には21日移動平均線を、11日には34日移動平均線を上抜けし、ゴールデンクロスを示現しています(第3図)。

相場は直近3日間55日移動平均線を挟む値動きとなっており、本日の終値が同水準(214.5ドル)の上抜けに成功するか注目されます。

【第3図:ETH対ドルチャート(13213455日移動平均線&RSI)】

出所:Bloombergより作成

一目均衡表では、10日に均衡表が好転し、本稿執筆時点では遅行線も好転しています(第4図)。
この先は、55日移動平均線(214.5ドル)、一目均衡表雲下限(217.2ドル)、心理的節目となる220ドルなどが密集する214〜220ドルエリアが上値目途となりそうです。

【第4図:ETH対ドルチャート(一目均衡表)】

出所:Bloombergより作成

リップル(XRP)

リップル(XRP)の対ドル相場は、6日に心理的節目となる0.5ドルの上抜けに成功し、0.54ドルの終値を付けたものの、8日には0.499ドルまで戻しました。

9日からは0.5ドルを挟む値動きとなっております。

 

>>続きを読む
(FinAltのページに移動します)

【新着記事】
Vol.25:FinAltウィークリーアップデート 仮想通貨価格と市場動向を徹底分析
イオスとイーサリアムの架け橋BancorXローンチ!!EOS価格への影響は?

<本記事ご協力>

ビットコインなどの仮想通貨をまとめたメディア『FinAlt』が提供

Fintech、仮想通貨総合メディアFinalt

  finalt

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。