Original Article:混乱が尾を引くビットコイン相場、反発している銘柄は?:Vol.21 仮想通貨価格分析

先週は、ビットコインキャッシュのハードフォークの影響を受けて仮想通貨市場は軒並み大幅下落を記録しました。

市場時価総額は2000億ドルの大台を割り込んでおり、代表格のビットコイン(BTC)も一時は5500ドルを割り込み年初来安値を更新しました。

市場では依然混乱が尾を引いている状態となっているようですが、反発をみせている銘柄も確認されます。

それでは今週も各主要通貨のチャートを見ていきましょう。

ビットコイン(BTC)

ビットコイン(BTC)の対ドル相場は、10日から13日にかけて緩やかな上昇を記録しましたが、13日と21日移動平均線の上抜けに失敗し14日には大幅に反落しました(第1図)。

15日には一時5432ドルまで下げ足を速め年初来安値を更新、さらに、先週デッドクロスを示現した4本の移動平均線は一層下方に拡散しており、一気に悲壮感が強まったと言えるでしょう。

【第1図:BTC対ドルチャート(13213455日移動平均線&RSI)】

出所:Trading ViewのBTC/USDチャートより作成

一目均衡表では、先週、雲下限の水準が上がったことで同水準を追う展開が期待されましたが、14日からの下落でその距離を広げた格好となりました(第2図)。

現在は均衡表と遅行線が逆転しています。

最も、現在はRSIが売られ過ぎサインとなる30%を割り込んでいるため、調整の行き過ぎ感も確認されます。

この先は、心理的節目となる5500ドル水準がサポートとなり反発できるか注目されます。

【第2図:BTC対ドルチャート(一目均衡表)】

出所:Trading ViewのBTC/USDチャートより作成

イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)の対ドル相場は13日、終値(209.8ドル)が13日移動平均線と心理的節目となる210ドルを割り込み、その後17日まで続落しました(第3図)。

この間に、相場は21、34日移動平均線を割り込み、13日移動平均線が21、34日移動平均線を割り込んだことで4本全ての移動平均線がデッドクロスを示現しています。

16日には、RSIが30%を割り込んだことで、相場は175ドル付近で一旦下げ止まったかと思いきや、本日は同水準を割り込んでいます。

【第3図:ETH対ドルチャート(13213455日移動平均線&RSI)】

出所:Trading ViewのETH/USDチャートより作成

一目均衡表では、実体線が13日には転換線を、14日には基準線を割り込みました(第4図)。

16日には転換線が基準線を割り込み均衡表が逆転。同日には遅行線も逆転しています。

この先は、心理的節目となる170ドル水準で下げ止まるか注目されます。

【第4図:ETH対ドルチャート(一目均衡表)】

出所:Trading ViewのETH/USDチャートより作成

リップル(XRP)

リップル(XRP)の対ドル相場は、14日の下落以降見事に反発しており、他の主要通貨に比べ高パフォーマンスを記録しています。

 

>>続きを読む
(FinAltのページに移動します)

【新着記事】
Vol.26:FinAltウィークリーアップデート 仮想通貨価格と市場動向を徹底分析
仮想通貨暴落の背景:泥沼化するBCHハッシュ戦争が原因か

<本記事ご協力>

ビットコインなどの仮想通貨をまとめたメディア『FinAlt』が提供

Fintech、仮想通貨総合メディアFinalt

  finalt

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。