Original Article:BTCはレンジ再突入で懸念再燃?ETCは反発後続伸!:Vol.23 仮想通貨価格分析

先週の仮想通貨市場は、各主要通貨とも先月14日からの急落に無事ブレーキがかかった格好となりました。

今週は、各通貨とも反発から続伸となるか、それとも10月のようなレンジ内での推移となるか注目されます。

ビットコイン(BTC)

ビットコイン(BTC)の対ドル相場は、11月25日にマイニングの損益分岐点とも言われる3500ドル水準周辺まで安値(3657ドル)を広げたのち反発。

先週29日は一時心理的節目ともなる4500ドル付近まで上値を伸ばしましたが、13日移動平均線がレジスタンスとし、翌30日には反落しました(第1図)。

週末には再び相場が反発し、足もと13日移動平均線(4224.9ドル)上抜けを試す展開となっています。

【第1図:BTC対ドルチャート(13213455日移動平均線&RSI)】

出所:Trading ViewのBTC/USDチャートより作成

一目均衡表では、遅行線と均衡表が逆転(遅行線の実体線下抜け&転換線の基準線下抜け)しています(第2図)。

相場は、1日に転換線の上抜けに成功しています。

この先、上値目途としては、節目となる4500ドルや21日移動平均線(4826ドル)がありますが、テクニカル的に反発基調に転じるシグナルに乏しく、今週はレンジ内での推移も予想されます。

レンジ上限となる29日高値(4488ドル)が重要レジスタンラインとなるでしょう(レンジ下限は25日安値の3657ドル)。

【第2図:BTC対ドルチャート(一目均衡表)】

出所:Trading ViewのBTC/USDチャートより作成

リップル(XRP)

リップル(XRP)の対ドル相場は、13、21日移動平均線がデッドクロスを示現しています(第3図)。

相場の移動平均線からの乖離率は、先週の22.9%から5.6%まで縮めており、13日移動平均線の上抜けがやっと射程圏内に入ってきたようです。

【第3図:XRP対ドルチャート(13213455日移動平均線&RSI)】

出所:Trading ViewのXRP/USDチャートより作成

一目均衡表では、遅行線と均衡表が逆転しています(第4図)。

相場は、29日より転換線に沿って下落した格好となりました。

この先は、25日安値(0.329ドル)と1日安値(0.357ドル)を起点とする上昇トレンドラインをサポートとして相場が反発するか注目されます。

【第4図:XRP対ドルチャート(一目均衡表)】

出所:Trading ViewのXRP/USDチャートより作成

イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)の対ドル相場は27日、102ドルまで安値を広げたものの、翌28日には11%の上昇率を記録し反発。

>>続きを読む
(FinAltのページに移動します)

【新着記事】
イーサリアムにも対応、Amazonがブロックチェーンの新サービスを発表」
Vol.28:FinAltウィークリーアップデート 仮想通貨価格と市場動向を徹底分析

<本記事ご協力>

ビットコインなどの仮想通貨をまとめたメディア『FinAlt』が提供

Fintech、仮想通貨総合メディアFinalt

  finalt

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

liquid

ビットコインを買うならLiquid

高い流動性を誇りビットコインの取引高は国内で断トツトップ!ツールも高機能でスマホからの取引も便利。
口座開設はこちら
bitbank

リップルの取引高世界一のbitbank

仮想通貨の関連ニュースや相場分析などの情報を発信するBTCNを運営。多数のテクニカル分析が可能。
口座開設はこちら
BITPoint

上場企業の運営の取引所BITPoint

仮想通貨の送金手数料が無料!現物取引は8つの通貨ペアがあり、FXとレバレッジ取引は最大25倍。
口座開設はこちら