Original article:ビットコイン推定限界安値はどこだ?マイニング損益分岐で見る下値目途

BTC/USDはマイニングの損益分岐点付近で反発を繰り返す

仮想通貨のネットワーク維持に不可欠なマイニングのコストに注目が集まっています。

今年のビットコイン(BTC)の対ドル相場は、節目となる6000ドル周辺で反発を繰り返してきましたが、これは、マイニングハードウェアメーカー大手のビットメインが販売するAntminer S9(以後S9)を0.1usd/kWhで運用した際のおおよそのマイニング損益分岐点となります(CoinWarz調べ)(第1図)。

このことから、マイニングの損益分岐点がBTCの限界安値と意識されていることが指摘されます。

しかし、この6000ドルの損益分岐点ですが、11月にビットメインが新機種Antminer S15(以後S15)をリリースしたことにより大幅に引き下がっています。

S9が約1320Wの電気消費量に対し14TH/sというスペックだったのに比べ、S 15は1596Wの電気消費量に対し28TH/sのスペックを誇ります。

これを、現在のビットコインのマイニング・ディフィカルティに対し、電気料金を0.1usd/kWhと想定すると、損益分岐点はおおよそ3700ドルとなります。

ちなみに、電気料金が主要国の中では比較的安く、ビットメインが運営するマイニングプールがある中国の電気料金は、地域によりバラツキはありますが、首都北京で産業用電気が0.1usd/sで主要36都市の家庭用電気が0.075usd/sとなっています(CEIC調べ)。

よって、4日のBTCの終値が3981.9ドルということを考慮すると、現在の価格はマイニングコストの損益分岐点に基づくサポートライン付近まで下がってきているということがわかります。

【第1図:BTC対ドルチャート(0.1usd/kWhでのS9、S15損益分岐ライン)】

出所:Trading ViewのBTC/USDチャートより作成

また、3700ドルのサポートラインは、最新鋭のマイニングマシーンを低水準の電気料金で運用した際の推定損益分岐点となるため、相場が同水準を割り込めば市場参加者には相応の心理的ダメージとなることが指摘されます。

【第1表:S9、S15スペック&電気料金別推定損益分岐点】

出所:CoinWarzより作成

ビットコインマイニングは負のサイクルへ?

前述のS9によるBTCのマイニングコストの損益分岐点を基準とするサポート(約6000ドル)が意識されていた根拠として、10月頭からのハッシュレートの下落が挙げられます。

 

>>続きを読む
(FinAltのページに移動します)

【新着記事】
仮想通貨の各国税金施策まとめ
BTCはレンジ再突入で懸念再燃?ETCは反発後続伸!:Vol.23 仮想通貨価格分析

<本記事ご協力>

ビットコインなどの仮想通貨をまとめたメディア『FinAlt』が提供

Fintech、仮想通貨総合メディアFinalt

  finalt

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

liquid

ビットコインを買うならLiquid

高い流動性を誇りビットコインの取引高は国内で断トツトップ!ツールも高機能でスマホからの取引も便利。
口座開設はこちら
bitbank

リップルの取引高世界一のbitbank

仮想通貨の関連ニュースや相場分析などの情報を発信するBTCNを運営。多数のテクニカル分析が可能。
口座開設はこちら
BITPoint

上場企業の運営の取引所BITPoint

仮想通貨の送金手数料が無料!現物取引は8つの通貨ペアがあり、FXとレバレッジ取引は最大25倍。
口座開設はこちら