*本稿は1月14日にFinAltに掲載された記事のため、日時の文言を一部変更しております。

イーサリアムクラシック(ETC)の対ドル相場は先週10日、心理的節目となる5ドルを大きく割り込むと、13日には次の節目となる4.5ドルをも割り込み、本稿執筆時点(14日14:30)では先週7日始値(5.623ドル)からおよそ20%安となっています。

移動平均線&RSI

13日移動平均線は、8日より下向きになり12日には21日移動平均線を割り込みデッドクロスとなりました(第1図)。

また、21日移動平均線も10日より下向きに転じています。

一方、34日移動平均線は、12日に55日移動平均線を昨年8月ぶりに上抜きゴールデンクロスを示現しています。

RSIは、足もと42%で推移していますが、相場の移動平均線からの乖離率は-7.65%となっており、この先は55日移動平均線(4.707ドル)周辺まで価格が戻すか注目されます。

【第1図:ETC対ドルチャート(13213455日移動平均線&RSI)】

出所:Trading ViewのETC/USDチャートより作成

一目均衡表

一目均衡表では、先月22日ぶりに均衡表が逆転しています(第2図)。また、実体線(実勢価格)がこのまま横ばいまたは続落となれば、遅行線も逆転する見通しです。

相場は、7日からの下落で転換線と基準線を割り込み、本稿執筆時点では雲(抵抗帯)下限付近で反発しています。

先週は、基準線が遅行線のレジスタンスとなり相場が下落した格好ですが、雲下限がサポートとして機能しており、この先は相場が雲下限を死守できるかが注目されます。

【第2図:ETC対ドルチャート(一目均衡表)】

出所:Trading ViewのETC/USDチャートより作成

ボリンジャーバンド

年始より収縮していたボリンジャーバンドは先週、相場の下落と同時に拡散に向かっています(第3図)。

相場は、先週7日にセンターライン(20日移動平均線)を割り込むと、一旦は同水準とロワーバンド-1σの間で揉み合いましたが、10日にはロワーバンド-1σとロワーバンド-2σを一気に割り込み、ボラティリティブレイクアウトを示現。10日以降は下降バンドウォークを維持しています。

【第3図:ETC対ドルチャート〈ボリンジャーバンド(20、±1σ、±2σ)〉】

出所:Trading ViewのETC/USDチャートより作成

出来高&トレンドライン

出来高は、先週の突発的な相場下落の際に増加しており(第4図内白丸)、下降トレンドを確認しているように見受けられますが、13日の下落には出来高の増加が伴っておらず(第4図内緑丸)、売りの圧力が後退し始めていることが指摘されます。

また、13日の下落の際に、6日高値(5.75ドル)と10日高値(5.16ドル)を結んだトレンドラインと7日安値(4.9ドル)を起点とする下降チャネルの下限まで相場が押していないことも売りの勢いが後退していることを示唆しています。

【第4図:ETC対ドルチャート(出来高&トレンドライン)】

出所:Trading ViewのETC/USDチャートより作成

サマリー

ボリンジャーバンドでは、バンドが拡散に向かうと同時に相場が下降バンドウォークを維持していますが、他のテクニカル指標では相場がチャートポイントを割り込み下値目途が乏しくなってきています。

足もとのチャートポイント一覧は以下の通りになります(第1表)。

【第1表:チャートポイント一覧(ドル)】

出所:Trading ViewのETC/USDチャートより作成

 

<本記事ご協力>

ビットコインなどの仮想通貨をまとめたメディア『FinAlt』が提供

  finalt

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

liquid

ビットコインを買うならLiquid

高い流動性を誇りビットコインの取引高は国内で断トツトップ!ツールも高機能でスマホからの取引も便利。
口座開設はこちら
bitbank

リップルの取引高世界一のbitbank

仮想通貨の関連ニュースや相場分析などの情報を発信するBTCNを運営。多数のテクニカル分析が可能。
口座開設はこちら
BITPoint

上場企業の運営の取引所BITPoint

仮想通貨の送金手数料が無料!現物取引は8つの通貨ペアがあり、FXとレバレッジ取引は最大25倍。
口座開設はこちら