ページTOPへ
04月23日 15:01

【↓】日経平均 大引け| 小幅続落・連休を控え整理売り、年間で6年連続上昇 (12月29日)

日経平均株価
始値  22831.49
高値  22881.21(12:49)
安値  22753.20(14:34)
大引け 22764.94(前日比 -19.04 、 -0.08% )

売買高  8億8915万株 (東証1部概算)
売買代金 1兆5465億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は小幅続落、方向感に乏しい展開
 2.米株高で買い優勢で始まるも、連休を控え整理売りに押される
 3.年間ベースでは28年ぶり6年連続の上昇
 4.売買代金は1兆5000億円台と低水準
 5.小型株堅調で値上がり銘柄数は値下がりを上回る

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは63ドル高と続伸、18日以来の過去最高値を更新した。手掛かり材料難で方向感に乏しいなか、ユナイテッドヘルスやトラベラーズが上昇し指数を押し上げた。

 東京市場では、米株高で買い優勢で始まるも、後場に入ると連休を控え整理売りが優勢となり、日経平均株価は小幅に続落した。

 大納会となる29日の東京市場は方向感に乏しい展開となった。前日のNYダウが最高値更新したことを受け買い優勢で始まり、後場寄り付き直後には日経平均は一時97円高まで買い進まれる場面もあった。その後は正月連休を控え持ち高調整や利益確定の売りに押され、小幅に続落して今年の取引を終えた。東証1部の売買代金は1兆5000億円台と低水準たっだものの、小型株が堅調で値上がり銘柄数は値下がりを上回った。年間ベースでは経済バブル以来28年ぶりに6年連続の上昇となった。

 個別銘柄では、17年3-11月期の大幅な営業減益が嫌気されたアダストリア<2685>は急落した。そのほか、信越化学工業<4063>、オプトラン<6235>、ジーンズメイト<7448>、ローソン<2651>、ダイフク<6383>、石川製作所<6208>、ユー・エス・エス<4732>、ヤクルト本社<2267>が売られた。
 半面、ロンドン金属取引所(LME)の銅相場が28日に、前日比49ドル高の1トン=7289ドルに上昇するなど非鉄金属市況の上昇を好感して、住友金属鉱山<5713>、DOWAホールディングス<5714>、三菱マテリアル<5711>、東邦チタニウム<5727>の非鉄株が堅調だった。また、前日のNY市場で米10年債利回りが上昇。これを受けて米大手銀行の株価が値を上げたことを好感し、三菱UFJフィナンシャル・グループ <8306> などメガバンク3銘柄が高かった。そのほか、旭硝子<5201>、サンケン電気<6707>、ステラ ケミファ<4109>、イソライト工業<5358>、ダイヘン<6622>が買われた。

 日経平均へのプラス寄与度上位5銘柄はテルモ <4543> 、TDK <6762> 、日立建機 <6305> 、エーザイ <4523> 、ダイキン <6367> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約16円。
 一方、マイナス寄与の上位5銘柄は東エレク <8035> 、信越化 <4063> 、資生堂 <4911> 、ファナック <6954> 、ファストリ <9983> 。押し下げ効果は約22円。

 東証33業種のうち上昇は18業種。上昇率の上位5業種は(1)ガラス土石製品、(2)パルプ・紙、(3)銀行業、(4)証券商品先物、(5)金属製品。一方、下落率の上位5業種は(1)食料品、(2)化学、(3)サービス業、(4)空運業、(5)電気機器。

■個別材料株

△マネフォ <3994> [東証M]
 「仮想通貨技術使った決済・送金サービス開発」との報道。
△ラクオリア <4579> [JQG]
 胃食道逆流症治療薬で新たなライセンス契約。
△三機サービス <6044> 
 上期経常を一転42%増益、最高益に上方修正。
△エンバイオH <6092> [東証M]
 コミットメント期間付タームローン契約を締結。
△3DM <7777> [JQG]
 日経新聞で「再起かけるIPO企業」として紹介。
△ナイガイ <8013> 
 株主優待制度を新設。
△立花エレ <8159> 
 今期経常を最高益に15%上方修正、配当も2円増額。
△日本プロセス <9651> [JQ]
 上期経常は2.3倍増益で上振れ着地。
△CSP <9740> 
 「子供見守り対象駅拡大」との報道。
△北恵 <9872> [東証2]
 前期配当を6円増額・今期は1円増配。

▼アダストリア <2685> 
 3-11月期(3Q累計)経常が48%減益。
▼ジンズメイト <7448> 
 3-11月期(3Q累計)経常が赤字幅拡大。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)三機サービス <6044> 、(2)ナイガイ <8013> 、(3)津田駒 <6217> 、(4)イソライト <5358> 、(5)イントラスト <7191> 、(6)シンクロ <3963> 、(7)アグロカネシ <4955> 、(8)A&D <7745> 、(9)立花エレ <8159> 、(10)フォーカス <4662> 。
 値下がり率上位10傑は(1)アダストリア <2685> 、(2)UMCエレ <6615> 、(3)enish <3667> 、(4)一六堂 <3366> 、(5)ジンズメイト <7448> 、(6)ヨシムラHD <2884> 、(7)石川製 <6208> 、(8)イー・ギャラ <8771> 、(9)ウィルG <6089> 、(10)白洋舎 <9731> 。

【大引け】

 日経平均は前日比19.04円(0.08%)安の2万2764.94円。TOPIXは前日比1.47(0.08%)安の1817.56。出来高は概算で8億8915万株。値上がり銘柄数は1030、値下がり銘柄数は914となった。日経ジャスダック平均は3950.46円(17.89円高)。

[2017年12月29日]

株探ニュース
株探

ビットコイン/円レート・チャート

957,013 (-0.72%)

みんなの仮想通貨 公式ソーシャル