ページTOPへ

<動意株・23日>(大引け)=DMP、弁護士ドットコム、イノベーションなど


 ディジタルメディアプロフェッショナル<3652.T>=後場急騰。同社は午後0時30分ごろ、任天堂<7974.T>の「New ニンテンドー2DS LL」(7月13日発売)に、同社独自技術の「MAESTRO」をベースとしたGPUコアが採用されたと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。同社ではこれまでにも「ニンテンドー3DS」や「ニンテンドー3DS LL」「New ニンテンドー3DS」「Newニンテンドー3DS LL」「ニンテンドー2DS」向けに、3Dグラフィックス対応のGPUコアを提供していたが、「New ニンテンドー2DS LL」にも搭載され、ゲームコンテンツの描画機能などで使われるとしている。  弁護士ドットコム<6027.T>=急騰し年初来高値更新。同社は22日、6月の株主総会に向け「定款の一部変更」を発表。新たに「電子決済システムの提供」を加えた。同社は日本初のWeb完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」などのIT事業を推進しており、今後の成長が期待されている。  イノベーション<3970.T>=後場大幅高。同社は午後1時ごろ、6月30日を基準日として1対2株の株式分割を実施すると発表しており、これを好材料視した買いが入っている。 会社側によると、投資単位当たりの金額を引き下げることで株式の流動性を高め、投資家層の拡大を図るのが目的という。なお、効力発生日は7月1日の予定。  Jストリーム<4308.T>=ストップ高。同社は22日、ケイ・ピー・アイ(東京都品川区)と共同で、動画データに表示される文字情報を高精度に検出するシステムについて、国内特許を取得したと発表。これが材料視されているようだ。この特許は、動画内に表示される文字情報を正確に検出し、テキストとして取り込みメタデータを生成する技術にかかるもの。機械学習やディープラーニングなどのAI(人工知能)技術を活用し、動画内に現れる文字に背景や各種の色、デコレーションなどがかかっている場合でも正確な検出、認識ができるという。なお、両社は文字だけでなく、オブジェクト認識にかかる特許も出願中であるとしている。  リミックスポイント<3825.T>=ストップ高で年初来高値更新。同社は22日、子会社のビットポイントジャパン(本社・東京都)が日本最大級の格安航空会社ピーチ・アビエーション(本社・大阪府)と仮想通貨「ビットコイン」を活用した決済サービスの展開などで業務提携。フライトから現地での買い物、宿泊、飲食までをビットコインでする旅を企画し消費者の需要を開拓する。これを材料視する買いが集中する格好となった。  センコーグループホールディングス<9069.T>=11日ぶりに急反発。SMBC日興証券は22日、同社株の投資評価を「2」から「1」へ引き上げた。目標株価は750円から830円に見直した。「低温物流事業の拡大ポテンシャル」に注目している。18年3月期から新たな新中期経営計画期間(18年3月期~22年3月期)に入り、低温物流事業や3PL事業の一段の拡大が加速するとみている。特に、14年に株式取得したランテックを核とする低温物流事業の拡大に注目している。20年のフロン排出規制により低温物流の需給はタイト化することを予想している。 ※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。 出所:Minkabu PRESS(株式会社みんかぶ)
Minkabu PRESS

ビットコイン/円レート・チャート

605,918 (-3.79%)

みんなの仮想通貨 公式ソーシャル