ページTOPへ
05月22日 19:01

「情報セキュリティ」関連が軒並み高、内需テーマ株の新たな物色ターゲットに<注目テーマ>


★人気テーマ・ベスト10 1 5G 2 人工知能 3 ブロックチェーン 4 人材派遣 5 仮想通貨 6 カジノ関連 7 全固体電池 8 情報セキュリティ 9 半導体 10 インバウンド  みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「情報セキュリティ」が8位にランキングされている。  あらゆるものをオンライン化するIoT時代が到来している。また、それと歩調を合わせるように人工知能(AI)の社会実装が進むなか、情報セキュリティに対するニーズも日増しに高まっている。最近では米フェイスブックが8700万人分の個人情報流出問題に揺れ、株価も急落するという出来事があった。また、増勢の一途をたどる仮想通貨のマイニング(採掘)でも、インターネットと接続しているパソコンやスマートフォンに遠隔地からアクセスして、その処理能力を勝手に仮想通貨の採掘に利用するという新手(あらて)のサイバー犯罪も確認されている。  最近では海外からの政府機関へのサイバー攻撃も目立っており、2017年は不正ソフトウェアによる攻撃により150カ国、30万件以上の被害が観測されている状況だ。2020年に東京五輪開催を控え、日本でも情報セキュリティの充実は喫緊の課題となっており、18年度の関連予算も約730億円と前年度比2割も上積みされた。こうした状況を背景に、株式市場でも関連銘柄への注目度が改めて高まっている。  足もと東京市場ではデジタルアーツ<2326.T>、セキュアヴェイル<3042.T>、FFRI<3692.T>、インテリジェント ウェイブ<4847.T>、ソースネクスト<4344.T>、ラック<3857.T>など情報セキュリティ関連株が軒並み動意づいており、内需テーマ株物色の新たな柱のひとつとなる可能性を漂わせている。 出所:minkabuPRESS
Minkabu PRESS

ビットコイン/円レート・チャート

916,300 (-1.40%)

みんなの仮想通貨 公式ソーシャル