メッセージングアプリの大手テレグラムの独自トークンGram(グラム)のトークンセールは、数日で410万ドル(およそ4億5100万円)以上を資金調達したといわれていました。

しかし、先週10日、リキッドの公式発表で販売がキャンセルされました。
それにともない、これまでにトークンセールに参加した投資家には、資金を全て払い戻しすることになりました。

取引所リキッド、テレグラムのGramトークン払い戻し
(出典 https://blog.liquid.com/cancellation-of-gram-sale)

トークンセール中止の理由として、ブロックチェーン・メインネットのTON(Telegram Open Network)の立ち上げが、昨年2019年10月31日を期日としていたのに対し、いまだローンチされていないことだとしています。

リキッドにおける、グラム・トークン・セール条項には、2019年11月30日までにメインネットがローンチされない場合には、すべてのファンドを返金するという取り決めになっており、同社はそれに従って既に実施したということです。

テレグラムとしてはSECの承認待ちであるという姿勢ですが、メインのブロックチェーンもGramも見通しがはっきりしない状況では、リキッドの判断は賢明だったと評価されています。

【関連記事】

昨年も今年もSECからは、未登録証券にあたるとされ、発行禁止を余儀なくされていた経緯があります。今後も、TONおよびGramの見通しは不明のままです。

参考サイト:
“https://themerkle.com/liquid-refunds-investors-buying-telegrams-gram-token/”
“https://blog.liquid.com/cancellation-of-gram-sale”

The post 取引所リキッド、テレグラムのGramトークン払い戻し appeared first on CRIPCY.