ページTOPへ

リネットジャパンが一時6%高、カイカとASEANでファイナンスサービスの実証実験を開始◇

 リネットジャパングループ<3556.T>が3日続伸し、一時、前日比67円(6.2%)高の1146円まで買われている。この日、カイカ<2315.T>と共同で、カンボジアなどASEANにおける仮想通貨およびブロックチェーン技術を活用したファイナンスサービスの実証実験を開始すると発表しており、これを好材料視した買いが入っているようだ。

 今回の実証実験は、カンボジア国内および海外向けの送金・決済サービスを含めたファイナンスサービスを検討することを目的に、技術の応用性及び親和性を検証し、事業拡大の可能性を確認する先進的な取り組みの一環で、スマートコントラクトを組み合わせた海外向けファイナンスサービスのプラットフォーム化も合わせて検討するという。また、今回の協業により、リネットジャパンは事業における先進技術であるブロックチェーン技術との親和性が検証できる一方、カイカは仮想通貨およびブロックチェーン技術におけるインテグレーションや実証実験サポートのノウハウをさらに蓄積することができ、双方にとって有意義な協業としている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:Minkabu PRESS(株式会社みんかぶ)
Minkabu PRESS

ビットコイン/円レート・チャート

606,552 (-3.69%)

みんなの仮想通貨 公式ソーシャル