ページTOPへ

AMBITIONが続急伸、カイカとブロックチェーン技術を適用した不動産賃貸管理システムを開発へ◇

 AMBITION<3300.T>が続急伸し、一時、前日比108円(9.6%)高の1230円まで買われている。7日の取引終了後、カイカ<2315.T>と共同で行っている不動産賃貸権利にかかるブロックチェーン実証実験の第2段階を完了したのに伴い、ブロックチェーンを適用した賃貸管理システムの開発を共同で開始すると発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

 AMBITIONとカイカは、これまでの実証実験で、不動産賃貸権利の発行・流通・譲渡がブロックチェーン上で管理できることを確認。また、物件における賃貸状況の管理や電子化された契約手続きおよび情報の保持、契約金および家賃の仮想通貨決済、スマートデバイスとの連携などで有用であると判断しており、これを踏まえてAMBITIONの主要業務である賃貸管理業務にブロックチェーンを適用するシステムを共同で開発することにしたという。なお今後は、費用面での検証も進め、メーンコンセプトを実現するシステムを構築し、将来的にはプラットフォーム化することを目指すとしている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:Minkabu PRESS(株式会社みんかぶ)
Minkabu PRESS

ビットコイン/円レート・チャート

1,890,141 (-1.92%)

みんなの仮想通貨 公式ソーシャル