仮想通貨ビットコインが40,000ドルを突破し、2022年5月以来の価格帯を更新しました。


12月1日、ビットコインは38,000ドル付近の抵抗ラインを突破。日足のローソク足は実体を伴い、4日連続の陽線を形成しています。

ビットコインのOI(未決済建玉)は増加を続けており、昨年4月以来の水準で今年最高となる187億ドルを記録。OIのボリューム順位では、1位がCME、続いてBinance、Bybitとなっています。

OIのボリュームが増加するにつれて、大規模な清算が発生し大きく価格が動くケースが多いビットコイン。

CoinGlassの清算ヒートマップチャートによると、次の価格的節目である41,000ドルや42,000ドル付近では大規模な清算イベントが発生する可能性は低いことが示されています。

ビットコイン清算ヒートマップ|画像引用元:Coinglass

ビットコインに関連する重要なイベントとして、来年春頃に実施が予想されるビットコインの半減期が挙げられます。

ビットコイン半減期とは新規発行されるビットコインが半分になるイベントで、現時点でのマイナーへの報酬である6.25BTCが3.125BTCに減少します。

過去3回のビットコイン半減期ではいずれも実施前後数ヶ月~1年程度の期間に大きく価格が変動してきていることから、市場参加者にとって重要なイベントとして捉えられているなか、ブロックチェーン技術会社BlockstreamのCEOであるAdam Back氏は先日、半減期前にビットコインが100,000ドルに達すると自身の予想を明かしました。

ビットコイン半減期はマイニング事業を行う企業の収益にも影響を与える可能性があることから一部企業で事業の縮小や転換が図られなか、大手ステーブルコイン発行企業のテザーはビットコインマニング事業に約750億円の投資を計画していることが先日報じられました。

同社は今後6ヶ月間で総額5億ドルをビットコインマイニング事業に投資を予定しており、ウルグアイ、パラグアイ、エルサルバドルにおいて、それぞれ40メガワットから70メガワットの容量を持つビットコインマイニング施設の建設を進めているとしています。

記事ソース:Coinglass

The post ビットコイン、40,000ドルを突破|OI(未決済建玉)も今年最大規模に appeared first on CRYPTO TIMES