ビットコインは一時的な下落は見せながらも40,000ドル以上の価格帯を維持し、記事執筆現在約41,600ドルを記録しています。


昨日12月4日朝に40,000ドルを突破したビットコインは、その後も価格上昇を続け一時42,000ドルを超える勢いを見せました。

大口の新たな動きも観測されており、spot on chainの報告によるとあるアドレス(0x192….)は昨日、181.3 WBTC(現在約11億円)をステーブルコインで購入。現在、このアドレスは28,000ドルの損失を記録しています。

WBTCとは
Bitcoinチェーン上のBTCをEthereumチェーン上で扱えるようにするため、BTCを預け入れる代わりにEthereumチェーン上で発行されるトークン。BTCと基本的に同等の価値を持つ。

ビットコイン先物市場に注目すると、現在同市場の未決済建玉(OI)は増加し続けており、2022年の3月から4月の水準に匹敵するボリュームに達しています。2020年以降のOIの推移を示すチャートをみると、現在の規模は高い水準にあることが確認できます。

ビットコイン先物市場のOIの推移|画像引用元:Coinglass

今年11月には、CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)のビットコイン先物市場のOIがBinanceを上回るという構造的な変化が見られました。北米最大の先物取引所であるCMEには多くの機関投資家が参入しており、これにより先物市場の参加者に変化が生じていることが予想されます。

最新レポートを公開した仮想通貨取引所Bitfinexは、CMEのBTC先物の価格が現物よりも高い状態(コンタンゴ)になっていることに加え、最も満期が近い契約の価格よりも次の契約の価格が高く、大きく乖離していることから投資家はビットコインに関して長期的なポジションを増やすことに積極的であることを示していると予想しています。

記事ソース:CoinglassBitfinex

The post ビットコイン、好調な値動きを継続|大口は新たに11億円分を購入 appeared first on CRYPTO TIMES