仮想通貨取引所BitMEX創業者のアーサー・ヘイズ氏がビットコインの今後の値動きに関して「昨年3月と同様の値動きを見せる可能性がある」と指摘しました。

ヘイズ氏は、昨日1月31日の米株式市場にて米地銀ニューヨーク・コミュニティ・バンコープ(NYCB)株が一時約45%暴落したことや米10年国債と2年国債の利回りが急落している背景から米連邦準備制度が金融緩和政策を実施する可能性があると指摘。市場は銀行業界に対する救済策が打ち出されることを期待しているとの見解を示しました。

上記のような背景の元、ビットコインは一時的に急落するものの$NYCBやその他同市場銘柄の急落に対する救済措置が実施され、その後昨年3月のような上げ相場が訪れるとヘイズ氏は予想しています。

昨年3月のビットコイン相場では、月初時点の1 BTC = 23,600ドルから10日後に19,500台まで下落、その後大きな反発を見せ、最高値として1 BTC = 29,100ドル台まで上昇するといった値動きとなっています。

2024年は現物型ビットコインETFの承認に加えて半減期などの注目のイベントがあります。引き続き同市場の変動に注意が必要です。

The post アーサー・ヘイズ氏「ビットコインは昨年3月同様の動きになる可能性がある」 appeared first on CRYPTO TIMES