皆さんもご存じかもしれませんが、仮想通貨には法定通貨のような実体がありません。

仮想通貨を管理するためには、現金でいうところの財布のような役割を持つウォレットが必要になります。

今回は、時価総額ランキングでも3位に位置する人気銘柄リップルを保管できるウォレットを紹介します。

ウォレットとは

ウォレットとは、現金でいうところの財布にあたります。実際の財布でも使い方やサイズによって種類があるように、ウォレットにもセキュリティや利便性によって複数の種類があります。

普段使い向け

  • ・ウェブウォレット
  • ・ローカルウォレット
  • ・モバイルウォレット

保管向け

  • ・ ハードウェアウォレット
  • ・ コールドウォレット

 

普段から仮想通貨を使う場合は利便性を、保管を目的としている場合はセキュリティを重視したウォレットのご利用をオススメします。

ウォレットの詳しい説明については「仮想通貨のウォレットとは?:おさえておくべきポイントを徹底解説!」をご覧ください。

リップル(XRP)対応のウォレット

まず確認することとして、ウォレットが保管したい仮想通貨に対応しているかどうかという問題があります。

ウォレットは財布のような役割を持っているとはいえ、全ての仮想通貨に対応しているわけではありません。

対応しているかどうかは、各ウォレットのホームページなどで確認できます。

 

対応ウォレット一覧

各ウォレットの特徴

ウォレットの特徴について1つずつ解説していきます。

ウェブウォレット

Gatehub

二段階認証の設定もできるリップル用のウェブウォレットです。

取引所としても機能しているため、Gatewaysを設定すれば米ドルやビットコインと取引することも可能です。

ただしGateways設定には本人確認としてパスポート、更に住民票や公共料金の請求書などのアップロードが必要になります。

ウォレットとして使用するだけならば、アップロードは必要ありません。

また設定時に復元鍵が表示されます。この復元鍵はウォレットにアクセスできなくなった時に必要になるため、必ずメモなどで残しておいてください。

二段階認証できるGatehubですが、SNS上ではたびたびハッキング被害が報告されています。

二段階認証であっても過信はせず多額のリップルを保管する場合は、ハードウェアウォレットやコールドウォレットへと送金することをオススメします。

ローカルウォレット

ripple-client-desktop

Windows用のデスクトップウォレットです。現在リップルには公式ウォレットは存在しておらず、ripple-client-desktopも次に紹介するRippleClientも有志の作成した非公式のウォレットになります。

このウォレットの問題点は、2016年5月以降バージョンアップが行われていないところです。

非公式ウォレットという点も含めて今後リップルのバージョンアップなどにより不具合が発生したり、ripple-client-desktopそのものが使えなくなる可能性もあります。

ただし、そのような事態に陥った場合でもripple-client-desktopでは秘密鍵を自分で管理しているため、Gatehubなど他のウォレットから資産を引き出すことは可能です。

 

RippleClient

基本的には上で紹介したripple-client-desktopと同じです。

違いはripple-client-desktopがWindows版であるのに対し、RippleClientがMac版になります。

モバイルウォレット

Toast Wallet!

 

スマホアプリだけではなく、Windows・Mac・Linuxにも対応しているオープンソースのリップル専用モバイルウォレットです。

2018年7月現在では日本語対応していませんが、アカウントの作成など分かりやすい作りになっています。

バックアップキーの生成もアカウント作成時ではなく、自分のタイミングで行うことができます。

ただしバックアップキー生成前に復元を求められるようなことが無いように注意してください。

パスフレーズや暗証番号などの設定も可能になっていますが、執筆時点ではオフラインでの管理はできず2段階認証にも対応していません。

セキュリティにはやや難を抱えています。Toast Wallet!は普段使い用と割り切り、多額のリップルを保管する時には別のウォレットに送金することをオススメします。

スマートフォンでご覧になっている方は、iOSAndroidからダウンロードすることができます。

ハードウェアウォレット

Ledger Nano S 

 

リップル以外にもビットコインやイーサリアムなど30種類もの仮想通貨を管理できるハードウェアウォレットです。

便利ではありますが有料で、1個1万6,000円ほどの値段です。

通信販売などでは非正規販売店や中古の出品で安く販売していることもありますが、ウイルスなどが仕込まれている可能性もあるため正規店から購入することをオススメします。

またLedger Nano Sであっても受信時にはインターネットに接続しているため、完全にはサイバー攻撃を防ぐことはできません。

Ledgerも公式に中間者攻撃の可能性があることを認めており、対策として受信アドレスが変更されていないか確認する方法をTwitter上で紹介しています。

また代表的なハードウェアウォレットとしてLedger NanoS以外にTrezorがあります。しかしTrezorは執筆時点ではリップルに対応していません。

 

コールドウォレット

Ripple Paper Wallet Generator

リップル専用のコールドウォレットです。「generation」をクリックするだけでアドレスと秘密鍵を生成してくれます。

シンプルな作りになっているため初めてでも使いやすくなっています。

ただし、生成してくれるだけで記録してくれるわけではありません。アドレスや秘密鍵は自分でメモをしたり、スクリーンショットを撮影したりしておく必要があります。

セキュリティ面では最も強固なコールドウォレットですが、インターネットに繋いだままアドレスや秘密鍵を生成してはハッキングされる可能性が残るためあまり意味がありません。

Ripple Paper Wallet Generatorのページに到着したらインターネットとの接続を切り、アドレスや秘密鍵を生成してメモを取っておきましょう。

再接続する時もRipple Paper Wallet Generatorのページから離れてから接続した方が安全です。

まとめ

仮想通貨の管理で重要なのはウォレットの使い分けです。今回は6種類のウォレットを紹介しましたが、どれかひとつだけを選ぶ必要はありません。

複数のウォレットを用途に合わせて使い分けることもできます。

特に普段からリップルを使っている人は、取引などで日頃から簡単に使うことのできる普段使い用と多額のリップルを個別で管理するための保管用の最低2種類のウォレットを用意しておくことをオススメします。

 

<本記事ご協力>

ビットコインなどの仮想通貨をまとめたメディア『FinAlt』が提供

finalt