Original Article:Vol.21:FinAltウィークリーアップデート 仮想通貨価格と市場動向を徹底分析

仮想通貨市場

今週の仮想通貨市場時価総額は、11日まではおおむね横ばいの値動きで2157億ドルから2219億ドルの比較的狭いレンジで推移しましたが、11日8:30頃から急落し本日2000億ドルの大台を割り込みました(第1図)。

今週の週高値は9日の2219億ドルで、本校執筆時点(12:00)での週安値は本日12日の1963億ドルとなっています。

今週の注目ニュースとしては、①複数米著名大学の仮想通貨投資参入の発表、②株価指数下落に伴う仮想通貨価格の下落などがあります。

【第1図:仮想通貨市場時価総額チャート】

出所:coimarketcapより作成

米著名大学基金(エンダウメント)仮想通貨投資参入

5日、米アイビーリーグの一校で目覚ましい投資経歴のあるイエール大学の大学基金(エンダウメント)が、コインベース共同創設者Fred Ehrsam氏やセコイア・キャピタルのMatt Huang氏、パンテラ・キャピタル元職員のCharles Noyes氏が創設した仮想通貨関連ファンド「パラダイム」に投資をしていることが匿名の関係者から明らかになりました。

イエール大学はパラダイムの他にも、米著名投資家Marc Andreesen氏とBen Horowitz氏が創設したベンチャーキャピタル、アンドリーセン・フォロウィッツの仮想通貨ファンドにも投資を行っていることがわかっております。

また、10日には、ハーバード大学やスタンフォード大学、ダームース大学、マサチューセッツ工科大学、ノース・カロライナ大学のエンダウメントが仮想通貨ファンドに投資したことがThe Informationから明らかになりました。

The Informationによると、機関投資家の間で広がる仮想通貨投資参入が大学エンダウメントの参入を促しているようで、上記大学のエンダウメントは総額で最大数千万ドル規模の投資をしたようです。

2018年に入り仮想通貨市場のパフォーマンスが著しく悪化した現状でも機関投資家による仮想通貨投資の新規参入がある背景には、これらの組織が市場の将来をポジティブにみていることや、市場全体が底値圏にあり足元が最適なエントリーポイントと考えていることが挙げられます。

また、米国で1位(ハーバード大学)と2位(イエール大学)の規模を誇る大学エンダウメントの参入は、市場参加者のランドスケープを変えかねない大きなニュースと言えるでしょう。

主要株価指数下落を追った仮想通貨市場

先日もお伝えした通り、仮想通貨市場は11日朝から全面安を記録し、ビットコイン(BTC)とテザー(USDT)を除く主要通貨は2桁台の下落を記録しました。

11日には仮想通貨市場に直接的に関わるイベントはなかったことから驚かれた方も多かったと予想されますが、今週の下落は株式市場の下落に伴う心理的ダメージの仮想通貨市場への波及があったと考えられます。

 

>>続きを読む(FinAltのページに移動します)

【新着記事】
仮想通貨価格が軒並み急落:市場で今何が起きているのか考察
G20会合(バリ):為替へのフォーカスで仮想通貨規制に動きはあるか

<本記事ご協力>

ビットコインなどの仮想通貨をまとめたメディア『FinAlt』が提供

Fintech、仮想通貨総合メディアFinalt

  finalt

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。