^
ページTOPへ
※調査日2020年10月12日 著者:みんなの仮想通貨編集部
※調査日2020年10月12日 著者:みんなの仮想通貨編集部

SBI VCトレードを徹底調査!おすすめポイントまとめ

SBI VCトレード
対応サービス
FXFX・レバレッジ取引
スマホ対応
ソーシャルログイン
優良ツール
信託保全・ユーザー保護
総合点
55 点 / 100点中

SBI VCトレードおすすめのポイント

  • SBIグループのノウハウを融合させた、最新鋭のセキュリティ環境をはじめとする卓越する信頼性。

    時価総額5000億円を超えるSBIグループの子会社。代表取締役CEOは北尾 吉孝氏

  • 世界最高水準のマッチングエンジンにより瞬時にトレードが可能

    販売所のスプレッドに定評があり、取引インフラも安心

  • 板取引の取引手数料が無料

    板取引を行うVCTRADE Proでは、マーケットメイカー(MM)が常時流動性を供給し快適な売買環境を提供

今すぐ口座開設

SBI VCトレード 公式サイトへ

SBI VCトレードで開催中のキャンペーン

金額など キャンペーン内容 期間
50XRP 新規の口座開設が完了されたお客さまにもれなく暗号資産XRPを40XRPプレゼント 2020/12/25

※各キャンペーンの詳細な条件や注意事項は、各社の公式HPにてご確認ください。

SBI VCトレードサービス概要

取扱通貨数
最大レバレッジ -
最小取引単位 0.0001BTC
BTC現物手数料 無料
注文の種類 成行注文、価格指定注文
最大発注数 5BTCかつ500万円以下
スマホ対応

SBI VCトレードのセキュリティ対策

コールド
ウォレット比率
マルチシグ CER 参照
URL
非公表 対象外
CER ( 公表日 : 2019/7/8 )   ※ICORating ( 公表日 : 2019/1/7 )
イーサリアム・アドレスのマルチシグ化は、ビットコインなどの暗号資産とは異なりプロトコルレベルでなくスマートコントラクトを用いて行われており、セキュリティに懸念があるとされていいる(参考:bitbank

SBI VCトレードのサポート体制

お問合せフォーム 電話対応 LINE FAQ
平日:9時~17時 -

SBI VCトレードのここがすごい!

 国内金融大手のSBIグループ

SBIグループのノウハウを融合させた、最新鋭のセキュリティ環境をはじめとする卓越する信頼性。
時価総額5000億円を超えるSBIグループの子会社

 世界最高水準のマッチングエンジンにより瞬時にトレードが可能

高性能取引システムのVCTRADE Proは、圧倒的な約定処理能力を誇るNASDAQマッチングエンジンを搭載。マーケット活況時も売買タイミングを逃さずストレスフリーかつスムーズな取引を実現!

 高機能チャートのトレーディングビューを採用

豊富なテクニカル指標や描写ツール以外にも、ポジション動向の把握やマネーフローなどの豊富なチャート分析が可能。また世界中のトレーダーのアイデアを知ることもできます。

SBI VCトレードの手数料

現物
取引所 無料
販売所 無料
アルトコイン 無料
FX形式(2Way price)
取引手数料 -
レバレッジ手数料 -
信用/レバレッジ取引
取引手数料 -
レバレッジ手数料 -
先物
取引手数料 -
レバレッジ手数料 -
暗号資産送付手数料
ビットコイン 無料
イーサリアム 無料
クイック入金 -

SBI VCトレードの評判・口コミ

平均点数:3.5 レビュー数:8
  • 5 投稿日:2020/09/11
    このサイトの情報が少し古いのですが、スマホアプリがあります。 シンプルなユーザーインターフェースで見易くて好印象。 機能的には概ね他の取扱所と変わらない感じで使えるでしょう。 SBIネットバンクの口座を持っているならここで口座開設しておいて損はないです。(30代男性)
  • 4 投稿日:2020/08/29
    セキュリティとかの安心感は随一。XRP中心なのは評価が別れそうだがそ!を受け入れて口座開設している人が多いだろう。まだ胡散臭いと思われている暗号資産市場を引っ張っていけるのはこの取引所しかないと思う。それだけに流出とかの不祥事は絶対に起こしてほしくない!(40代男性)
  • 4 投稿日:2020/08/21
    結論から言うと、XRPホルダーは口座をもっておくべきだが、やり方が見事な仮想通貨取引所だ。辣腕で有名なキタオ社長が手掛けるだけある。しかし、繰り返すが、XRPホルダーは、bitbankとともに、口座をもっておくべきだ。なぜなら、細かい話になってしまい恐縮だが、なんだかんだ言っても、XRPにフレンドリーであり、また、安全対策もまともにとられているからだ。手数料に不満があれば、bitbankがいいだろう。2つの取引所を使い熟すせるかが、アマチュアとプロを分けるのである。(40代男性)
  • 2 投稿日:2020/08/16
    指定されたウォレットにしか出金できないあたり、暗号資産への理解が低い会社であると思われる。反面GOXの可能性は低くなるが、イノベーションを阻害する規制を自ら始めるあたり愛はないだろう。出来高が低く、利用者は少ないと思われる。特に使うことはない。(20代以下男性)
  • 2 投稿日:2020/08/16
    入金がSBI銀行からしか出来ないのは不便。仮想通貨の送金もSBIのキャンペーンでしか手に入らないコールドウォレットにのみしかできないのは、セキュリティーのためとは言え、使いづらさがある。取引手数料が仮想通貨の価格にすでに含まれているとのことで、実際手数料が、いくらなのかがよく分からない。(40代女性)
  • 4 投稿日:2020/07/27
    仮想通貨わからないけどみんかぶで優待でXRPという仮想通貨もらえるSBIを知り関係が深そうなSBIバーチャルカレンシーズ始めてみた。始めたばかりだから手数料が高いのか安いのか、便利か、取り扱い暗号資産(仮想通貨?)が多いか少ないか、取引ツールは魅力的かとかはこれまたわからないけどSBIなんだからセキュリティーと信頼性、規模はバッチグーでしょ。信頼してる(40代男性)
  • 5 投稿日:2020/06/04
    使いやすくてお気に入りです。さすがSBIグループですね。毎日朝他のサイトもチェックしていますが、SBIさんが一番使いやすいです。こんごともよろしくおねがいいたします。(50代男性)
  • 2 投稿日:2019/10/22
    SBIグループの安心感があり、予備口座として口座開設しました。住信SBIネット銀行なら入出金が税込50円なのはいいですね。まだ取引はしていませんが今後に期待!取り扱い仮想通貨が少ないのでもっと増えてきたらがっつり使ってみたいと思います。(30代女性)

SBI VCトレードの新着情報・ニュースリリース

日付 内容
2020/09/01 VCTRADE Pro(取引所)サービスにおいて、B2C2 Limitedをマーケットメイカーに追加
2020/06/29 スマートフォンアプリ「VCTRADE SP」(iOS版)サービス開始

SBI VCトレード会社概要

会社名 SBI VCトレード株式会社
所在地 東京都港区六本木3-1-1 六本木ティーキューブ
設立日 2016年11月1日
主要株主 SBIグループ
資本金 19億9000万円
加盟組合/協会 日本暗号資産ビジネス協会、日本仮想通貨交換業協会、ブロックチェーン推進協会
登録番号 関東財務局長 第00005号

SBI VCトレードや暗号資産取引所に関するよくある質問(Q&A)

  • Qどのようなサービスがありますか?

    A取引サービスは販売所方式と取引所方式を提供されています。

  • Q取引できる暗号資産は何がありますか?

    A3種類の暗号資産(BTC、XRP、ETH)を取引できます。現物取引は、BTC、ETH、XRPとなっています。時価総額5000億円以上の暗号資産を取り扱いの基準のひとつとしているようです。

  • Q手数料は掛かりますか?

    A暗号資産の取引手数料は無料となっています。ただし、販売所では売り値と買い値の差額であるスプレッドが取引コストになります。

  • Qいくらから暗号資産を買えますか?

    Aビットコインが100万円の時は1円となる0.0001BTCから購入することができます。イーサリアムは0.0001ETH、リップルは10XRPからとなります。

  • Qレバレッジ取引はできますか?

    Aレバレッジ取引のサービスはありません。

  • Qスマートフォンアプリはありますか?

    Aありません。ただし、グループ会社であるモーニングスターが、1600種類以上の暗号資産のリアルタイムの取引価格や暗号資産関連ニュース、国内外のICOの予定表ならびにICOの格付け情報など、暗号資産に関する様々なデータやニュースを配信する「My 仮想通貨」を提供しています。

  • Q送金手数料は掛かりますか?

    A送付手数料は無料です。暗号資産を受け取る際に、他の取引所やウォレットから送付指示する際にかかる送付手数料(ブロックチェーン上に記帳するための費用を含みます。)はユーザーの負担となります。

  • QSBI VCトレード独自のサービスはありますか?

    A特にありません。

  • QSBI VCトレードが他の取引所よりも優れている部分はありますか?

    ASBIグループのノウハウがあり、高いセキュリティー環境などの信頼性があります。

  • Qどんな会社が運営していますか?

    A国内金融大手であるSBIグループのSBI VCトレードが運営しています。同社グループのSBI証券は、国内ネット証券で最多の口座数を誇っています。

今すぐ口座開設

SBI VCトレード 公式サイトへ

※調査日2020年10月12日 著者:みんなの仮想通貨編集部

【掲載情報について】
当サイトに掲載されている評価やランキングは、各取引所の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 口コミの内容はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 また、『みんなの仮想通貨』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 最新情報は各証券会社の公式サイトにてご確認ください。キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。

【取引所ランキングの評価に関して】
当ランキングに関しましては、暗号資産の取引高、取扱い通貨ペア数、売買・送金などの手数料、FX/信用取引サービス、取引ツール、スマホアプリの使いやすさ、セキュリティ対策、顧客サポート体制などから総合的に判断しランキング付けを行っております。
暗号資産取引所おすすめランキングの評価に関して

【暗号資産取引におけるリスク】
ビットコインをはじめとする暗号資産の取引には、価格変動、流動性、ネットワークリスク等のリスクがあります。
当サイトは情報提供を目的としており、売買推奨は行っておりません。投資を行う際はご本人様の責任においてお願い致します。
暗号資産取引におけるリスク要因

【当サイトについて】
当サイトはネット証券会社に関する情報の提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。