【SBI VCトレード】VCTRADE ProのマーケットメイカーにB2C2を追加

筆者: みんなの仮想通貨編集部

9月1日(火) に、暗号資産交換業者であるSBI VCトレードは、VCTRADE Pro取引所サービスにおいて、B2C2をマーケットメイカーに追加することとなったと発表しました。VCTRADE Proは、SBI VCトレードが提供する取引所サービスで、3つの暗号資産(XRP/JPY、BTC/JPY、ETH/JPY)を取り扱っています。

大手マーケットメイカーであるB2C2の参画により、取引所サービスでの板取引における流動性の向上が期待できるといいます。

B2C2は暗号資産分野における大手マーケットメイカーで、英国の他、米国、日本などに拠点を持ちグローバルに事業を展開しています。大手欧米投資銀行の為替・金利・商品部門などを経験した電子取引部門出身のトレーダーやクオンツ・アナリストが24時間365日、暗号資産の流動性を提供しており、世界中の取引所や顧客から信頼を得ています。 

また同社の子会社は、2019年1月に英国で初となる暗号資産CFDのライセンスを取得しています。 

 ▼B2C2 Limited

所在地 英国ロンドン市ポールストリート
代表者の役職・氏名 CEO Maxime Boonen
事業内容 暗号資産取引業
設立年月日 2015年5月
公式ページ
https://www.b2c2.com/


なお、7月1日にSBIホールディングスの100%子会社であるSBIファイナンシャルサービシーズは、B2C2の株式を※関係当局の認可などを前提に取得することについて、同社の既存株主と合意したと発表していました。

※英国の金融行為監督機構(Financial Conduct Authority)

参考:SBIファイナンシャルサービシーズによるB2C2 Limitedの株式取得に関する基本合意のお知らせ

VCTRADE Proの流動性

では、VCTRADE PROの流動性がどれだけ向上したのか、板をご覧ください。

出所:VCTRADE PRO

恐らく、現在値の前後に規則的に並んでいる板がB2C2による流動性の供給の可能性があります。直近の相場で分散型金融の盛り上がりから大きく上昇したイーサリアムは、100円前後は1400万円ほどの板が並んでいます。これは、国内でもトップクラスの板の厚さです。

暗号資産の流動性は交換業者ごとに分散されていることが多く、ユーザーは板が厚い取引所を利用する傾向にあります。SBIグループは、国内最大のネット証券であるSBI証券を擁し、またFXでは約定力に定評のあるSBIFXトレードを運営しています。今回のサービス拡充により、SBI VCトレードの大きな飛躍につながることを期待したいですね。


【公式サイト】SBI VCトレード

SBIグループのノウハウを融合させた、最新鋭のセキュリティ環境をはじめとする卓越する信頼性
世界最高水準のマッチングエンジンにより瞬時にトレードが可能!板取引の取引手数料が無料

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

みんなの仮想通貨編集部

みんなの仮想通貨編集部

みんなの仮想通貨のライター陣が制作するコンテンツ。みんなの仮想通貨のお知らせや新しいサービスのリリース、アップデート及びメンテナンス情報をお届けします。

関連コラム

みんなの仮想通貨編集部の投稿

みんなの仮想通貨編集部の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

メデイア・広告掲載について

『みんなの仮想通貨』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら