ページTOPへ

【↑】日経平均 大引け| 3日続伸、欧米株高でリスク選好ムード継続 (9月1日)

日経平均株価
始値  19733.57
高値  19735.96(09:02)
安値  19620.07(12:46)
大引け 19691.47(前日比 +45.23 、 +0.23% )

売買高  16億3044万株 (東証1部概算)
売買代金 1兆9028億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は3日続伸、月初の上昇は15ヵ月連続に
 2.欧米株全面高でリスク選好ムード継続、利食い売り吸収
 3.米雇用統計発表を控え途中マイナス転換も後半切り返す
 4.終盤にショートポジション手仕舞いの買い戻しで株価浮揚
 5.売買代金は再び2兆円を下回るなど低調

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは55ドル高と3日続伸。米国務長官の発言を受けて税制改革への期待が高まり買いが優勢となった。

 東京市場では、前日の欧米株高を受けたリスクオンの流れに乗り日経平均株価は上昇。目先筋の利食いをこなし1万9700円台を回復する場面もあった。

 1日の東京市場はリスク選好ムードのなかで、日経平均は上昇基調を継続した。前日の欧米株市場が総じて堅調だったことで、投資家心理が強気に傾いた。外国為替市場では1ドル=110円近辺の推移と前日より円高で推移していたことや、日本時間今晩に米雇用統計など重要経済指標の発表を控え、積極的な買いが入りにくい面もあった。活況の目安とされる2兆円を再び割り込んだ東証1部の売買代金にもそれが反映されている。ただ、日経平均は後場寄り後早々にマイナス圏に沈むなど失速する場面はあったものの、終盤になるとショートポジションを積み上げていた機関投資家の手仕舞い買い戻しなどが入り、株価に浮揚力が働いた。月初の上昇は15ヵ月連続となった。

 個別では、任天堂<7974>が大商いで買い優勢、ソニー<6758>も堅調。パーク24<4666>が値を飛ばし、ANAホールディングス<9202>も上昇した。イマジカ・ロボット ホールディングス<6879>、アクリーティブ<8423>が大幅高となったほか、GSIクレオス<8101>も物色人気。日東紡<3110>が大きく買われ、フージャースホールディングス<3284>、市光工業<7244>なども買いを集めた。
 半面、KLab<3656>が安く、enish<3667>は急落。NTT<9432>が軟調、日本電産<6594>も売りに押された。クラウディア<3607>が大幅安となり、日本冶金工業<5480>、スターティア<3393>などが大きく値を下げた。フルキャストホールディングス<4848>、リログループ<8876>が下落、ディー・エル・イー<3686>も安い。

 日経平均へのプラス寄与度上位5銘柄はテルモ <4543> 、ファストリ <9983> 、コナミHD <9766> 、ヤマハ <7951> 、アステラス <4503> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約25円。
 一方、マイナス寄与の上位5銘柄はKDDI <9433> 、大和ハウス <1925> 、信越化 <4063> 、花王 <4452> 、ダイキン <6367> 。押し下げ効果は約10円。

 東証33業種のうち上昇は25業種。上昇率の上位5業種は(1)倉庫運輸関連、(2)ゴム製品、(3)空運業、(4)石油石炭製品、(5)鉱業。一方、下落率の上位5業種は(1)情報・通信業、(2)小売業、(3)水産・農林業、(4)電気・ガス業、(5)非鉄金属。

■個別材料株

△プロシップ <3763> [東証2]
 東証1部に指定替え。
△システムズD <3766> [JQ]
 近鉄エクス傘下から新基幹システム開発受注。
△そーせい <4565> [東証M]
 HTL16878の第1相臨床試験で被験者へ投与開始。
△共和工業 <5971> [JQ]
 5-7月期(1Q)経常は3.1倍増益で着地。
△メタップス <6172> [東証M]
 「韓国子会社が新仮想通貨取引所を開設」との報道。
△ヤーマン <6630> 
 「5-7月期営業は1割増益」との報道。
△クレステック <7812> [JQ]
 20年6月期に営業益10億円を目指す中期計画策定。
△ヤマトインタ <8127> 
 今期経常を2倍上方修正。
△アクリティブ <8423> 
 給与前払ソリューションサービス開始。
△アバンライフ <8851> [東証2]
 「省エネルギー投資促進に向けた支援補助金」に採択。

▼ピープル <7865> [JQ]
 第2四半期累計は2ケタ減益で着地。
▼ウチダエスコ <4699> [JQ]
 18年7月期は営業利益15.1%減の見通し。

 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)エコナック <3521> 、(2)アクリティブ <8423> 、(3)D・アクシス <4245> 、(4)イマジカロボ <6879> 、(5)大和冷 <6459> 、(6)ヤーマン <6630> 、(7)ヤマトインタ <8127> 、(8)日東紡 <3110> 、(9)パーク24 <4666> 、(10)ランド <8918> 。
 値下がり率上位10傑は(1)クラウディア <3607> 、(2)KLab <3656> 、(3)グローバル社 <3271> 、(4)アグロカネシ <4955> 、(5)enish <3667> 、(6)ブイキューブ <3681> 、(7)GMO-PG <3769> 、(8)トーセ <4728> 、(9)ジンズメイト <7448> 、(10)ルック <8029> 。

【大引け】

 日経平均は前日比45.23円(0.23%)高の1万9691.47円。TOPIXは前日比2.18(0.13%)高の1619.59。出来高は概算で16億3044万株。値上がり銘柄数は1222、値下がり銘柄数は663となった。日経ジャスダック平均は3453.48円(6.20円高)。

[2017年9月1日]

株探ニュース
株探

みんなの仮想通貨 Twitter更新情報

みんなの仮想通貨 公式ソーシャル