ページTOPへ

インテリWはソーサーボトム形成から戻り相場入り、第1四半期営業利益3.4倍


 インテリジェント ウェイブ<4847.T>が反発。株価は10月2日に急騰した後、調整を入れていたがソーサーボトム形成から戻り足をみせている。  同社は2日取引終了後、18年6月期の第1四半期(7~9月)単独決算を発表。売上高は23億2200万円(前年同期比40.4%増)、営業利益は1億2800万円(同3.4倍)、最終利益は8300万円(同4.1倍)と好調だった。これが物色人気を引き寄せている。金融業界向けで強みを持つシステム構築会社であり、キャッシュレス決済への流れが進むなか、設備投資案件が増加傾向にある。また、メガバンクなども注力姿勢を見せ始めている仮想通貨関連の一角としても注目する向きがあるようだ。 出所:Minkabu PRESS(株式会社みんかぶ)
Minkabu PRESS

ビットコイン/円レート・チャート

906,660 (-0.99%)

みんなの仮想通貨 公式ソーシャル