ページTOPへ

「電気自動車関連」は時代の流れ、出遅れ感あったトヨタの姿勢に変化<注目テーマ>


★人気テーマ・ベスト10 1 全固体電池  2 量子コンピューター  3 人工知能  4 半導体製造装置  5 トイレ関連  6 リチウムイオン電池  7 電気自動車関連  8 仮想通貨  9 人材派遣  10 防衛  みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「電気自動車関連」が7位となっている。  電気自動車(EV)とは、一般に電池(主にリチウムイオン二次電池)に蓄えた電力によりモーターを駆動する自動車を指し、優れた環境性能からエコカーの本命に位置づけられている。  EV開発に巨額の投資を発表している独フォルクスワーゲンなどに対し、出遅れ感のあったトヨタ自動車<7203.T>の姿勢が変化している。同社はこれまでハイブリッド車(HV)やプラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車(FCV)を主軸としていたが、9月下旬にはマツダ<7261.T>およびデンソー<6902.T>とEVの共同技術開発契約を締結。今月27日に開催した「電動化技術説明会」では、「プリウス」で培った技術をEVでも活用する戦略を示した。  イギリスやフランスが2040年までにガソリン車やディーゼル車の国内販売を禁止すると表明しているほか、中国なども追随する構えをみせており、世界的にEV推進の機運が高まっている。自動車メーカーをはじめ電池や部材を手掛ける企業など、EV関連銘柄は息の長い相場が期待される。 出所:Minkabu PRESS(株式会社みんかぶ)
Minkabu PRESS

ビットコイン/円レート・チャート

2,187,588 (+7.84%)

みんなの仮想通貨 公式ソーシャル