ビットコイン価格は最近33%の下落しているにも関わらず、強気とされる楽観的見方には理由があります。
長期的なテクニカル指標が強気に転じるサインとされるゴールデンクロスを形成したのです。

ゴールデンクロスとは?

価格が大きく下落した後に、移動平均線の短期線と中・長期線が交差し、短期線が中長期線を下から上に突き抜ける現象のことです。
ゴールデンクロスは、主に「買い」のタイミングを表すサインとして使用されています。

下の直近3日間のチャートでは、50日移動平均線が200日移動平均線を上回っており、ゴールデンクロスを確認できます。
Bitstampのデータによると、これは2016年2月3日以来の現象であるとのことです。

2016年のゴールデンクロスと同じ状況か

ビットコイン ゴールデンクロス
出典:https://jp.tradingview.com/symbols/BTCUSD/

ビットコインは、半減期6ヶ月前の2016年2月3日までの3日間で今回と同様のゴールデンクロスを形成し、その後2017年12月までに過去最高の2万ドルを記録しました。

次の半減期が一年以内に迫る中、同じ現象が繰り返されるかもしれません。

日足チャート

日足チャート
出典:https://jp.tradingview.com/symbols/BTCUSD/

日足チャートで見ると、下降トレンドに示されている通り、弱気パターンは継続しています。
5日移動平均線と10日移動平均線はともに、下落方向へ向かっています。

14日相対力指数(RSI)も、50以下で推移しており弱気相場の状況を示しています。
しかし、RSIは50以下で横ばいになっているため、弱気相場の勢いは弱まっていることが伺えます。

さらに重要な点は、9400ドル(約1,030,000万円)を下回る期間が、7月16日以降継続的に短くなっているという点です。
これは、売り圧力が枯渇してきている現象と言えます。

現在ビットコイン 価格は、9701ドル(1,050,000円)付近で推移しています。
今後の動向に注目が集まります。

参考サイト:
”https://www.coindesk.com/golden-cross-provides-glimmer-of-hope-for-bitcoin-price-revival”
”https://kasobu.com/goldencross/”

The post ビットコイン ゴールデンクロスで復活の兆しあり appeared first on CRIPCY.