仮想通貨データ提供サービスを手がけるフィンテック企業、Digital Assets Dataによると、約1,070万ビットコインが12ヶ月以上動きのない状態であるとのことです。

ビットコインの60%が休眠状態

発行済みビットコインの総量が、1,814万であることを考えると、ビットコインの約60%は休眠状態で、2019年の価格変動時に動きがあったビットコインはわずか40%にとどまることになります。
1年以上休眠状態のビットコインの割合は、2017年以来最高水準であるとのことです。

動かないビットコイン
出典:https://www.coindesk.com/10m-bitcoins-havent-moved-in-more-than-a-year-highest-since-2017

半減期に伴う価格上昇への期待

Komodo PlatformのCTOであるカダン・スタデルマン氏によると、動きのないビットコインは間違いなく”HODLers”(長期保有者)が増加している現れであるとのことです。

2019年にビットコインは相当な価格変動を経験しています。
最初の6ヶ月で3,693ドルから13,879ドルまで上昇し、12月中旬までに7,179ドルまで下落しています。
このように下半期の大きな下落にもかかわらずビットコイン価格は2019年初から2倍になりました。

大部分のビットコインが動いていないのは、投資家らが今年5月に予定されている半減期に伴なう価格上昇に期待をしているからであると考えられます。

4年ごとに繰り返し行われる半減期では、インフレを抑えるためにブロック報酬が半分に減少します。
しかし、市場がこの期待に応えられない場合は、一定の売りが見られると考えられます。
その場合、休眠ビットコインの価格は下落することになります。

含み損を抱えたHODLersが多数存在

bitcoin ages band

出典:https://www.coindesk.com/10m-bitcoins-havent-moved-in-more-than-a-year-highest-since-2017

休眠ビットコインが多い理由のもうひとつの理由として、かなりの割合のHODLersが損失を抱えながら保有し続けており、投資にしがみついているという可能性が考えられます。

Digital Assets Dataのケビン・カルテンバッチャー氏は次のように指摘しています。

「多くの投資家は2017年と2018年の高値の時に購入し含み損を抱えている可能性が高い。」

2019年の高値である13,879ドルよりも高値を記録した期間が2017年12月から2018年2月の期間に見られ、多くの投資家がこの上昇相場の期間にビットコインを購入した可能性があるとのことです。

しかし、こうした投資家がビットコインを今まで売却していないという事実は、彼らがビットコインの長期的な成長に期待をしていることを示していると言えます。

参考サイト:
”https://www.coindesk.com/10m-bitcoins-havent-moved-in-more-than-a-year-highest-since-2017”

The post 1年以上動きのないビットコインが2017年以来最高額 appeared first on CRIPCY.