NEM財団は、2月5日に建設関連のグローバル企業Bimtrazerが、仮想通貨NEMの新ブロックチェーン「Symbol」を通じて、2022年に中東カタールで開催予定されるFIFAワールドカップのホテル建設プロジェクトを支援することを約束した覚書(MOU)を締結したことを発表しました。

Bimtrazerが大規模ホテル建設プロジェクトを支援

カタールの首都ドーハでは、2022年11月21日から12月18日までの期間にFIFAワールドカップが開催されます。
これに向けて150万人のファンを受け入れるための準備を進めており、大規模なホテル建設に取り組んでいます。

2020年までに6万個のホテルの部屋が必要とされていますが、現在ドーハではその半分ほどしか建設が進んでいないとのことです。

Bimtrazerはブロックチェーン、人工知能、仮想現実、遠隔測定法などの最先端技術を組み合わせた建築用のプラットフォームを開発しています。

Bimtrazerはこのプロジェクトに技術提供を行うことで建築作業の支援をするとしています。

NEMの新ブロックチェーン「Symbol」を活用

Bimtrazerのプラットフォームでは、「Symbol」のブロックチェーン上で工事の進捗記録やトレーサビリティの情報が管理されているため、各種情報の改ざんのリスクがなくなると言います。
また、情報伝達も迅速に実行可能になるとのことです。

Bimtrazerの技術を活用すれば、データを安全に保護しつつシュミレーションを行いながら建設を進めることができるため、作業効率の大幅な向上が期待されています。

Bimtrazerは、2019年10月に建築関連の国際イベント「ExpoEdifica」で技術イノベーションの最優秀賞を受賞しており、同社の技術力は高い評価を受けています。
今後も幅広いプロジェクトで「Symbol」を活用したBimtrazerの技術が採用されることが予想されています。

今回のNEM財団の発表を受けて、仮想通貨NEMの価格は2月5日ごろから高騰を続けています。

NEM高騰

出典:https://jp.tradingview.com/symbols/XEMUSD/

参考サイト:
”https://coinpost.jp/?p=131691”
”https://forum.nem.io/t/bimtrazer-signs-mou-in-qatar-to-support-fifa-world-cup-through-symbol-blockchain/24324”

The post NEMの新ブロックチェーン「Symbol」2022年W杯を支援 appeared first on CRIPCY.