韓国の証券取引所である韓国取引所(KRX)の幹部がビットコインETFについてSEC(米証券取引委員会)の判断を注視しているという見解を述べた。コリア・ヘラルドが20日に報じた。KRXではビットコインETFに必要なインデックス提供についてすでに議論をしているという。

記事によると、KRXの幹部は次のように述べた。

「米国は仮想通貨市場や関連するデリバティブ(金融派生)商品市場を牽引してきた。ビットコインETFの立ち上げを支持する声は強い。だから我々は米国SECのビットコインETFに関する判断を観察している」

またKRXの幹部は、ビットコインETFの立ち上げに必要な「強固なインデックス」やその役割に関してKRXで検討していることを明かした。

ETF(上場投資信託)は、株や債券、通貨、商品などの指数と連動する投資信託。ビットコインETFの場合は連動する資産がビットコインとなる。株や債券など他の資産でETFを利用してきた機関投資家にとって馴染みのあるもので、ビットコインETFが認可されれば、ビットコイン市場に多額マネーが流入する入り口となると考えられている。

現在、SECは2つのビットコインETFを審査中。ビットワイズのビットコインETFは4月1日、ヴァンエックらのビットコインETFは4月6日までに最初の判断が下される予定だ。

仮想通貨の投資会社BKCMのブライアン・ケリーCEOは今月6日、2020年までビットコインETFは承認されないだろうという見方を示した。

【新着・関連記事】
「ビットコインETFは2020年までない」米仮想通貨アナリストが理由を解説
「SECの懸念払拭する」ビットコインETFの審査開始|仮想通貨資産マネジメントBitwiseが申請
ETN対ETF:ETFとの違いは?投資家が期待するのはどちらか?

Liquid

ビットコインを買うならLiquid

セキュリティレベルも高く、ビットコインの取引高では国内でダントツで取引手数料は無料!!
口座開設はこちら
bitbank

リップルの取引高世界一のbitbank

リップルの取引先として高い支持を誇り、日本人に人気のモナコインの取引所として個人投資家からの信頼が高い!
口座開設はこちら
GMOコイン

上場企業の運営の取引所GMOコイン

投資初心者でも使いやすい取引アプリを提供。仮想通貨FXでアルトコインのレバレッジ取引も可能!
口座開設はこちら