昨年、ビットコイン(BTC)価格の強気予想を連発したファンドストラッドの代表トム・リー氏が帰ってきた。

しかし、今年は少し控えめなようだ。

22日にクリプトマーケットニュースが投稿したユーチューブによると、リー氏は、今年の年末のビットコイン価格は現在よりは高くなると予想した。

「2019年は回復の年になる。(今年の始まりの価格である)3900ドルで終わるとは思わない。もっと高くなると思う」

リー氏は、その理由としてまず世界の株式市場が上昇傾向にある点を指摘。

「昨年は世界の株式相場が下落してビットコインも下落した」ことに加えて、「ドルもあまり上昇していなかった」ため、リスクを取りに行くムードではなかったという。

またリー氏は、テクニカル面もポジティブだと主張。

伝統的な金融市場で重要なサポートと考えられている200週移動平均線で反発を繰り返しており、ビットコインにとっても重要なサポートになるだろうと解説した。

最後にリー氏は、ビットコイン対する信頼性が高まってきていると指摘。

例えば米大手銀行JPモルガンが発表したJPMコインなどは、デジタル通貨の利用ケースを示したものであると述べた。

その上でリー氏は、「ビットコインETFが今年認可されるとは思わないが、それがなくてもビットコインは今年うまくやるよ」と話した。

ビットコイン強気派として知られるリー氏は、去年8月、コインテレグラフ日本版のインタビューに答え、仮想通貨プラットフォームであるバックトのニュースが出たことでビットコインETFの重要度が下がったと指摘

ビットコイン価格は年末にかけて2万ドル以上になるというこれまでの見方を示した。

その後、昨年12月にリー氏は、「ビットコイン適正価格は1万3800~1万4800ドル」と分析

ただ同時に「目標価格に関する質問にはうんざりしていると受けて止めてくれ」と発言し、しばらく個人としての価格予想を行わなかった。

【新着・関連記事】
タイ議会がセキュリティトークン発行を認める 証券取引法改正案を承認
仮想通貨ビットコイン 再びフラッシュクラッシュの要因は? |前日の急騰から一転 ボラティリティ激しい展開に
イーサリアムのアップグレードは今週実施の予定 「コンスタンチノープル」と「セントピーターズバーグ」

Liquid

ビットコインを買うならLiquid

セキュリティレベルも高く、ビットコインの取引高では国内でダントツで取引手数料は無料!!
口座開設はこちら
bitbank

リップルの取引高世界一のbitbank

仮想通貨の現物取引日本一!日本人に人気のモナコインの取引所として個人投資家からの信頼が高い!
口座開設はこちら
GMOコイン

上場企業の運営の取引所GMOコイン

投資初心者でも使いやすい取引アプリを提供。仮想通貨FXでアルトコインのレバレッジ取引も可能!
口座開設はこちら