上昇一服

昨日のビットコイン相場は上値圏での揉み合い。91万円台と高値更新に成功するも、その後、失速している。

90万円台乗せに成功した後、SECのETF承認判断延期もあり83円台に値を下げていたBTC相場だが、ETHの上昇もあり切り返すと、再び高値をトライする展開。

注目のビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークでバグが発生したものの、早期に解消した事が好感されBCHが上昇するとBTCも91万円乗せに成功。ただ、目立った材料も無くこの水準を維持できず反落を始めると85万円台まで値を落とした。

昨年8月に世銀が発行した世界初のブロックチェーン債をアレンジした豪コモンウェルス銀がセカンダリー創設にも協力するとの報もありイーサリアム(ETH)が上昇すると、BTCも88万円台まで値を戻す。しかし、ETHが3万円乗せで反落、またPoloniexがLSKを含む9通貨の米国内での販売を取り止めた事などもあり、84万円台に値を下げた。

 

【新着・関連記事】

ロングポジション溜まり始める
「仮想」を体感する(最終回)
米中貿易戦争の仮想通貨市場への意外な影響

安心のGMOインターネットグループ
5つの通貨で現物、レバレッジ取引、仮想通貨FXが可能!FX取引ツールレベルの高機能なスマホアプリ!10種類のテクニカル指標が利用できるチャートにスピード注文も可能◎
スピード注文のGMOコイン

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。