上昇トレンド中にちょっと落ちたくらいでビクついてんじゃねーよ!!!!

(チコちゃん風)

って、自分にいつも言い聞かせてるパパヤマです(笑)

分かっていても、急落は心臓に良くないっすよね。

特にビットコインは、垂直落下がよくあるので一瞬ヒヤヒヤするのですが、冷や冷やした時こそ、冷静にチャート分析が大事です。

 

◇ビットコイン(BTC/JPY) 日足チャート

結局、急落のあと安値を更新することはなく、赤ラインの76万円付近が今のところの安値になってます。

ここ割れると展開が変わるので要注意。

 

そして、反転したあと82~83万円の黄色ラインで跳ね返される可能性もあったのですが、そこは難なく通過。

直近高値の青ラインでとどまっています。

よって、青ラインと黄色ラインの間のレンジの可能性も出てきています。

 

世間的にはあまり知られていないダウ理論の定義に「トレンド中のレンジはトレンド方向に抜ける」というものがあります。

相場なので100%はありませんが、その可能性が高いということですね。

この定義に従うと、ビットコインはガンガン上昇トレンドなので、このあとのレンジで何回か跳ね返されたあと、上に抜ける可能性が高い……ということになります。

こういう定義を知らずにトレードしていると、四六時中「どっちに行くのか!?」が気になって、メンタルも疲れます。

メンタルの問題は心理療法やメンタルトレーニングで解消すればいいのですが、そこまでしなくても解消できるもの、知識や技術でメンタルの負担を減らせるなら、まずはそっちをやってみるといいです。

 

ということで、今週前半の方針はこんな感じです。

  • 青ライン抜けたら買い(損切りはラインの下)
  • 黄色ラインで跳ね返ったら買い(損切りはラインの下)

 

リアルタイムトレードに関しては、急落中にロング予言をして話題沸騰(笑)のTwitterでお知らせしますね。

では、今週も爆益出していきましょー( `ー´)ノ

パパ山根

安心のGMOインターネットグループ
5つの通貨で現物、レバレッジ取引、仮想通貨FXが可能!FX取引ツールレベルの高機能なスマホアプリ!10種類のテクニカル指標が利用できるチャートにスピード注文も可能◎
スピード注文のGMOコイン

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。