金曜日は上昇したが、、、ビットコインの失速をどう考える

筆者: 松田康生

通貨 BTC ETH XRP BCH LTC
価格 805,774 16,537 24.5 23,627 5,219
先週金曜日対比 ▼3.0% ▼1.5% ▼1.8% ▼2.2% ▼0.0%

最終金曜日は上昇したが

週末のビットコイン(BTC)相場は上に行って来いの展開。金曜日には順調に86万円台まで上値を伸ばし弱気相場脱出をイメージさせたが、週末は80万円割れまでズルズルと値を下げ、楽観的見方を打ち消した。

先週、71万円から80万円、75万円から84万円とシャープな切り返しを見せていたBTC相場だが、その間に急増した7500ドルストライクの影響もあり80万円台に値を下げていた。

そのオプションが大量に期日を迎えるとじりじりと値を上げ始め、CMEの11月限の最終取引時間に向け86万円の高値を付けた。出来高が急増するBakktのケリーCEOが来年の選挙までに上院議員に指名されるとの報道もポジティブに働いたか。

しかし、上昇は続かないと見るや利食い売りに押され始め、またFBIがイーサリアム財団のリサーチ・サイエンティストが北朝鮮に渡航し経済制裁回避手段を教えた廉で逮捕。

大統領はbakkktのCEOの就任に否定的とされたこともあり、80万円割れまで値を下げている。

 

【新着・関連記事】
材料不足で失速
ビットコインは底入れしたか、見極めのポイントは?

ビットコインのレバレッジ取引において投資家から高い支持!
人気のビットコインFXで月間取引高2兆円を記録!口座数200万の国内最大級の取引所
bitflyer

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

松田康生

松田康生

FXcoinシニアストラテジスト 東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

松田康生の投稿

ビットコイン/円レート・チャート

メデイア・広告掲載について

『みんなの仮想通貨』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら

加盟協会