半値戻しで跳ね返されたビットコイン、少し気になる材料とは?

筆者: 松田康生

通貨 BTC ETH XRP LTC BCH
価格 6,073,051 238,447 148.5 29,316 101,362
前日比 ▼1.4% ▼1.4% ▼0.1% ▼1.2% ▼0.3%

*BCH価格はBCHNを使用

半値戻しに跳ね返される

昨日のBTC相場は、上値の重い展開。日曜日の安値約5万1700ドルから反発を見せたが、4月14日の史上最高値約6万4900ドルとの半値戻し約5万8300ドルを前に上値を抑えられた格好。

ビットコインは、ハッシュレートの急落や米財務省の根拠のない取締りの噂などもあり先物市場でのポジション清算を巻き込み大きく値を下げた。しかし、ハッシュレートの反発や中国人民銀行副総裁がBTCを資産として認めたとの報もあり5万2000ドル割れから5万6000ドル(約605万円)近辺に値を戻した。

CMEのBTC先物が5000ドル近くの窓を開けて始まると、じりじりと窓埋め方向に値を上げていった。

その後は、新華社通信が副総裁はBTCなどへの規制の必要性を説いたと報じ、また58,000ドル(約635万円)が近づくと上値が重かった。

米ロビー団体幹部がマネロン取締りの噂を否定したが、米株が反落。ハッシュレートも下落に転じると5万4000(約585万円)ドル近くまで下落した。

しかし、先日BTC保有方針を示したTIME紙が米国とカナダで暗号資産払い受入を開始するとしたこともあり、やや値を戻している。 


【新着・関連記事】
Coinbaseがナスダックに上場してBTCが史上最高値を更新!

【FX Coinの新規口座開設は以下の画像をクリック!】
松田康生

松田康生

FXcoinシニアストラテジスト 東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

松田康生の投稿

松田康生の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら