堅調に推移するビットコイン、好材料が続く

筆者: 松田康生

通貨 BTC ETH XRP BCH LTC
価格 4,389,903 251,980 77.7 55,831 15,197
前日比 +5.2% +1.5% +10.5% +1.8% +3.3%

*BCH価格はBCHNを使用

日本初ODL導入でXRP好調

昨日のBTC相場は堅調な推移。未明にウォーレン米上院議員が、暗号資産が金融システムにもたらすリスクが増大しているとして、イエレン財務長官宛てに規制推進を促す書簡を送ったことがわかり、BTCは3万7500ドル(約410万円)まで下落した。

アジア時間は中国株の下げが一服したこともあり、BTCは徐々に下値を切り上げ、一時4万ドル(約440万円)まで上昇した。

その後、「SBIレミットとSBI VCトレード、日本初となるODLを用いたXRPの国際送金サービス開始」と報じられるとXRPが急伸。10%超の上昇となるとBTCも連れ高となり、4万500ドル(約445万円)まで続伸した。

海外時間に入り、新型コロナウイルスのデルタ株拡大懸念によって米株が軟調にスタートしたことから、BTCは上値が重い推移となった。その後、FOMCで金融政策の現状維持が決められ、FRBパウエル議長は会合後の記者会見でテーパリング(量的緩和の縮小)の開始に向けて「今後複数の会合で経済情勢の進捗を確認する」と表明。概ね予想通りと確認されると、BTCは底堅い推移となり、今朝方は4万ドル前後での推移となっている。 


【新着・関連記事】
マトリクス投資法によるビットコイン テクニカル分析

【FX Coinの新規口座開設は以下の画像をクリック!】
松田康生

松田康生

FXcoinシニアストラテジスト 東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱銀行(本部、バンコック支店)ドイツ銀行グループ(シンガポール、東京)を経て2018年7月より現職。 短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

松田康生の投稿

松田康生の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら