ビットコイン、短期的に反発もあるか?週末の下落を解説

筆者: 松田 康生

ポイント

・年初来安値近くまで下落
・米雇用統計はMIX
・UST(Terra USD)、LUNA不安がBTCに飛び火
・窓埋め・米CPI前に短期的反発もあるか

週末のBTC相場

週末のBTC相場は続落。木曜日の米株市場が大きく値を下げる中、BTCは金曜日未明にかけて約1割の下落を見せたが、3万5000ドル(約455万円)台でサポートされると、しばらく3万6000ドル(約470万円)を挟んでのもみ合い推移となった。

しかし日曜日未明に3万5000ドルを割り込むと、一時3万3000ドル(約430万円)台まで下値を切り下げた。

木曜日の米株市場の大幅下落を受けて、金曜日未明にかけてBTCは大きく値を下げた。その後は、ステーブルコインUST(Terra USD)を運営するLUNA財団が、準備資産として15億ドルのBTC購入を行ったとのCNBCの報道もあり、3万5000ドル台で下げ止まった。

注目の米雇用統計では非農業部門雇用者数は予想38万人に対し42.8万人とやや強い一方で、平均時給の伸びの鈍化からインフレのピークアウトと見る向きもありMIXな内容。

金利・為替・株そしてBTC市場も上下を繰り返したが、結局、米長期金利が上昇したことで米株・BTCともに上値を抑えられた。

その後、3万6000ドル近辺でのもみ合いが続いたが、日曜日未明にUSTで大口の換金売りが発生、一時ドルとのペッグが乱れた。すると、その運営トークンであるLUNA価格が2割近く急落した。

LUNAを発行するLUNA財団は、このところBTCを30億ドル以上購入。価格を下支えしてきた経緯もあり、BTCは3万5000ドルを割り込むと、G7でのロシア産原油禁輸表明報道などもあり、一時3万3000ドル台まで下落している。

ステーブルコインに裏付け(準備)資産は必ずしも必要ではないが、重要なのは1ステーブルコイン=1ドル(法定通貨)で取引されるという信用である。その信用を補完するものが準備資産となるが、BTCを準備資産とすると、BTC価格が下落すると信用が下がり、換金売りが出やすくなる。そのUST売りやLUNA売りがBTC価格にも影響した格好か。


【新着・関連記事】
今日の見通し|底堅い展開を予想
証拠金取引の建玉管理料0.00%は楽天ウォレットだけ
毎朝、松田構生がマーケットの見通しを発信中!公式YouTube

楽天グループが運営する仮想通貨取引所
楽天ポイントで仮想通貨デビュー!100ポイントから投資可能
楽天ウォレットバージョン Proは建玉管理料0.00%で提供

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

松田 康生

松田 康生

楽天ウォレットシニアアナリスト|東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱UFJ銀行・ドイツ銀行グループで為替・債券のセールス・トレーディング業務に従事。2018年より暗号資産交換業者で暗号資産市場の分析・予想に従事、短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

松田 康生の投稿

松田 康生の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら