徳俵に足をかけるビットコイン、総弱気は反転のサイン?

筆者: 松田 康生

ポイント

・年初来安値更新、3万ドル台へ下落
・米株続落・UST不安再燃
・UST不安は典型的な取り付け騒ぎ、準備資産のBTC運用があだとなったか
・地合いは悪いが、FRBのトーンに変調も

昨日のBTC相場

昨日のBTC相場は続落。日曜日未明に3万6000ドル(約470万円)近辺から下落、アジア時間は年初来安値となる3万3000ドル(約430万円)台でサポートされていたが、海外市場に入り下抜けすると、3万ドル(約390万円)台でサポートされている。

このところ3億ドル以上のBTCを準備資産として購入し話題となっていたLUNA財団が運営するステーブルコインUST(Terra USD)が大口の換金売りでドルとのペッグが崩れたことをきっかけに、日曜日未明にBTCは値を下げた。

月曜日に入りLUNA財団がUST防衛策を発表したこともあり、年初来安値となる3万3000ドル台でサポートされていた。

注目のロシア戦勝記念日は無難に終わったが、サウジアラビアが中国からの需要減などを理由に6月から欧アジア向けの原油価格を値下げするとしたことから週明けの原油相場が下落、米長期金利も反落した。

週明けの米株市場が、この動きをインフレ圧力後退というより、景気減速懸念と捉えたせいか、エネルギー関連銘柄を中心に続落して始まると、BTCは年初来安値を割り込んで下落した。

同じ頃、一時落ち着いていたUSTのドルとの乖離が再拡大、準備資産であるBTCへの売り圧力が懸念されたこともBTC下落を後押ししたか。

ウクライナ情勢が欧米の金融不安リスクを高めるとのFRB報告で米株は下げを拡大させたが、エルサルバドルのBTC買い増しなどもあり、BTCは3万ドル台ではサポートされている。


【新着・関連記事】
今日の見通し|底値を固める展開を予想
証拠金取引の建玉管理料0.00%は楽天ウォレットだけ
毎朝、松田構生がマーケットの見通しを発信中!公式YouTube

楽天グループが運営する仮想通貨取引所
楽天ポイントで仮想通貨デビュー!100ポイントから投資可能
楽天ウォレットバージョン Proは建玉管理料0.00%で提供

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

松田 康生

松田 康生

楽天ウォレットシニアアナリスト|東京大学経済学部 国際通貨体制専攻 三菱UFJ銀行・ドイツ銀行グループで為替・債券のセールス・トレーディング業務に従事。2018年より暗号資産交換業者で暗号資産市場の分析・予想に従事、短国・レポ・為替・米国債・欧州債・MBSと幅広い金融市場に精通

松田 康生の投稿

松田 康生の投稿一覧へ

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

メデイア・広告掲載について

『みんかぶ(暗号資産)』への広告のお問い合わせ・ご相談、お待ちしております。BTC、ETHでのお支払いも可能です。

お問い合わせはこちら