コインチェック騒動やテザー社問題も落ち着きを取り戻し始めている仮想通貨市場です。

ビットコインも100万円を回復し、堅調に推移をしております。

今週は一時的に130万円手前まで上昇する局面もありましたが、ここは明確なレジスタンスラインが引けるポイントなので、利食いに押されました。

 

現在は120万円前後で推移をしており、4時間足ベースでは上昇トレンドを描いていおりますが、短期的に調整局面を迎えそうです。

 

4時間足チャートから分析してみましょう。

MACDがダイバージェンス!

GMOコインスマホアプリ

出所:GMOコイン

 

ビットコイン円(BTC/JPY)FXチャートです。4時間足にトレンドラインを引いてみました。

120万円を割り込み始めて、しばしヨコヨコの展開となりやすいです。

そしてやがて少しずつ垂れていくイメージを持っております。

 

直近サポートは110万円にラインが引けますので、短期的にはこの水準にまで押し目を作りやすい展開でしょう。

110万円は買いやすいので、111万円や112万円で打診買いの指値をセットしておこうと個人的に考えております。

 

MACDもダイバージェンスが発生しており、下落しやすいチャート形状であることは間違いありません。週後半は上値が重い展開が予想されます。

日足では逆三尊形成に向かうか?

出所:GMOコイン

 

日足に拡大してみましょう。

7日連続で陽線を出していおりましたから、やはりしばし調整してもおかしくありません。

日足ベースですと、サポートラインが引けるポイントは100万円です。

100万円まで押し目がある場合は、思い切って買ってみると良さそうです。

ここまで下落するなら、少し強めにレバレッジをかけて買ってみようと思います。

レバレッジはおおよそ2倍ぐらいのイメージでおります。

100万円で思惑通り反転し、再び130万円を抜けてきますと、逆三尊が完成します。

上値の余地は拡大されて150万円ぐらいまで上昇しやすいと考えております。

このシナリオを描いて今週後半〜週末にかけてトレードしていきたいと思います。

 

またBTCが少し調整に入るということは、アルトコインも調整しやすいと思われます。

アルトコインの深い押し目も待ってチャンスを狙うのも良いでしょう。

 

・スマホアプリでビットコインFXができるGMOコイン


※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。