仮想通貨イーサリアムが予定しているハードフォーク「コンスタンチノープル(Constantinople)」の試験運用の際に問題が起き、試験用ネットワーク(テストネット)「Ropsten」が「使用不可」になっていたことがわかった。

13日、イーサリアム技術に取り組む企業Infuraの公式ツイッターが明かした。同ツイートは、開発者が「Ropsten」以外のテストネットを使うことを促している。

「コンスタンチノープル」は、イーサリアムのネットワーク処理性能をあげるための一種の分岐だ。

複数のイーサリアム開発者によると、イーサリアムのハードフォーク(分岐)は13日、同テストネットの第423万ブロックで実施された。ところが「合意形成に関わる問題」が発生。イーサリアム開発者Afri Schoedon氏が「2018年にコンスタンチノープルの実施はない」とのべる事態に至った。

また同氏は翌日、イーサリアム開発者会議で「Ropstenに大きな問題があればコンスタンチノープルを実施することはできないことを確認」しあったとコメントしている

同氏によると次回のイーサリアム開発者会議は10月19日となっており、動向が注目される。

イーサリアム価格は先週木曜日に200ドル割れし、現在は195ドル前後で推移している。

【新着・関連記事】
疑惑の渦中にある仮想通貨取引所ビットフィネックス株主が、同社CFOとのチャット記録を公開 懸念払拭狙う
Ripple社新チーフ・マーケット・ストラテジスト「米トランプ政権側と定期的に議論している」
世界最大級マイニングプール創業者、「仮想通貨に100倍の値上がり期待」【アラート】

<本記事ご協力>

国内最大級の仮想通貨ニュースサイト|コインテレグラフ日本語版

コインテレグラフ日本語版